朝食で減らしお!


BS放送にてテレビCM放送中!
「朝食で減塩に取り組む方法」をご紹介!!

放送は終了しました

放映期間
2016年11月7日(月)~12月26日(月)の期間中の毎週月曜日
放送局・番組名
BS日テレ「真麻のドドンパッ!」 リアルタイム:11:00~11:55、再放送:15:00~15:55


東北地方で「減らしおキャンペーン」イベントを実施!

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼COO伊藤 秀二)は、セルフ健康チェック事業を展開するケアプロ株式会社(本社:東京中野区、代表取締役川添 高志)と協働で、従来とは異なる視点の“減塩啓発”活動「減らしおキャンペーン」を宮城県、岩手県、山形県で実施します。

イベント名「減らしお」キャンペーン
主催カルビー株式会社
後援公益財団法人 宮城県栄養士会 他
協力ケアプロ株式会社、東北大学大学院 笹野 高嗣教授
日時・会場
  • 宮城県
    日時:2016年11月24日(木)・25日(金) 10:00~13:00 14:30~17:30
    会場:イオンモール名取 1F ウエストウィング (宮城県名取市杜せきのした5丁目3番地の1)
  • 岩手県
    日時:2016年11月28日(月)・29日(火) 10:00~13:00 14:30~17:30
    会場:イオンモール盛岡 専門店街 1F イーハトーブ広場 (岩手県盛岡市前潟4-7-1)
  • 山形県
    日時:2016年12月5日(月)・6日(火) 10:00~13:00 14:30~17:30
    会場:イオンモール山形南2F タカキュー前 (山形県山形市若宮3-7-8)
内容塩味チェック検査、血圧測定、血管年齢測定、噛むことと味覚の関係を知るセミナー
※参加無料
※1日先着100名まで、定員になり次第終了させていただきます。
問い合わせ先カルビー株式会社 お客様相談室 フリーダイヤル: 0120-55-8570


医師がすすめる減塩方法「朝食をグラノーラへ置き換え」

高血圧の専門医が教える減塩食生活法は“朝食のグラノーラ置き換え”

「減塩の第一歩は、自分の塩分摂取量を知ることからです。非常に簡単に言うと、外食をすごくおいしく感じている人は、1日あたり14gくらいの塩分を摂取している可能性があります。減塩食生活を急激にすると反動があります。無理なく続けられるようにすることが大切です。普段の指導では、1週間減塩をしたら、翌週は今までの食事に戻す、これを繰り返して徐々に減塩食に慣れるように指導しています。
また、私は無理なく減塩食生活ができるという点で、朝食をグラノーラに置き換える指導を患者さんにしています。成人の「食塩摂取量」は男性で1日8.0g、女性で7.0gです。例えば、バターもジャムもつけない6枚切りのトースト1枚でさえ0.8g※(1)の塩分量があり、梅干はたった1つで約2g※(1)もの塩分量なのです。一方、グラノーラ(50g)とヨーグルト(200g)で食べた場合の塩分は、0.4g※(2)と、1日の摂取目安の男性で約5%、女性で約6%です。このように朝食をグラノーラに置き換えるだけで、減塩が期待できます」

※(1)「たったこれだけ!面白いように血圧が下がる渡辺式降血圧のすすめ」より
※(2)日本食品標準成分表2010による

渡辺尚彦(わたなべ よしひこ) 先生

日本高血圧学会 減塩委員会 協力会員
東京女子医科大学東医療センター 内科 教授
日本歯科大学病院 内科 臨床教授 早稲田大学スポーツ科学学術院 客員教授
高血圧などの循環器病が専門。1987年8月から現在に至るまで、連続携帯型血圧計を装着し、 24時間血圧を測定している。

しっかり噛んで食べるグラノーラ朝食で、味覚を適正に

東北大学大学院の笹野高嗣先生は次のようにコメントしています。「味覚障害を治し正しい味覚を取戻すためには、しっかりと咀嚼をし、唾液を出すことが大切です。咀嚼運動のポイントは食感がしっかりある食事を摂ること、さらに固い食感とやわらかい食感のものを一緒に食べて、複数のテクスチャー(硬さ)による刺激を与えることです。その点で、グラノーラは穀物やドライフルーツなど複数のテクスチャーが含まれているためおすすめです。完全に味覚を取り戻すには2~3ヶ月かかりますが、2週間程度続けると効果が見え始めます。
また、若い人でも咀嚼回数の減少や、やわらかい食べ物ばかりを食べていると味覚障害が起きてしまうことがあります。東北大学の学生に味覚障害について調査したところ、4人に1人が味覚障害の症状がありました。その味覚障害の学生の食生活を調査したところ、朝食を食べない、ジャンクフードやファーストフードが多いなど食生活の乱れと関連していることもわかりました。その点でも、グラノーラは若年者でも咀嚼習慣を定着させる朝食としておすすめです」

※「若年者の味覚異常に関する疫学調査研究(2006)」より

味覚障害の自己チェック表

  • 食べ物の味が感じられない。食べ物の味が変わった。
  • 口の中に食べ物が無くても、常に味がする。
  • 最近、食欲がなく食べる量が減った。
  • 口がかわき、食べ物がパサパサして食べにくい。
  • 食べ物がうまく噛めない。
「高齢者の味覚障害に歯科医院を役立てよう!(2014)」より

上のチェック項目のうち、1項目でも当てはまれば味覚障害の疑いがあります。

笹野高嗣(ささの たかし) 先生

東北大学大学院 歯学研究科 口腔診断学分野教授
味覚と健康効果について研究。
東北大学歯学部附属病院長、大学院歯学研究科長、歯学部長などを歴任。
現在、日本口腔診断学会理事長を兼任


フルグラ®なら牛乳とあわせても0.5g朝食 ※食塩相当量

  • フルグラ+牛乳+バナナ 食塩0.5g

    フルグラ 50g+牛乳200ml+バナナ1本
    ※フルグラ以外の栄養成分は「日本食品標準成分表2015」より

  • 洋食 食塩3.7g

    食パン+牛乳+りんご+ハムエッグ+サラダ+コーンポタージュスープ+ヨーグルト+バター+いちごジャム
    ※栄養成分は「日本食品標準成分表2010」より
    ※写真と同じ分量にて食塩相当量を計算しています。

  • 和食 食塩4.2g

    ごはん+味噌汁+納豆+漬物+鮭+卵焼き+大根おろし+こんぶ
    ※栄養成分は「日本食品標準成分表2010」より
    ※写真と同じ分量にて食塩相当量を計算しています。

日本人は食塩過多!

フルグラ®4品のパッケージの前面に食塩相当量の表示をスタートします。

ご購入はこちらから