concept

じゃがいもDIARY じゃがいもDIARY

北海道フリートーク ひと足お先に…麦の収穫です!



黄金色に輝く、じゃがいも、ではなく、麦畑。

———————

皆さん、『じゃがいもDiary』なのに、麦?と思いますよね。

じゃがいもは連作を嫌う植物です。
連作とは、同じ畑に“同じ種類”の作物を繰り返し栽培することをいいます。

連作にならないよう、麦やてん菜、豆を順番に輪作していきます。
輪作とは、同じ畑に“異なる種類”の作物を交代に繰り返し栽培することで、

輪作は収穫量の低下を防いだり、病害虫発生の抑制したり、
複数の作物を作ることによって作業のピークをずらせたり、と利点があります。

ですので、麦は北海道の広大な畑に欠かせない作物なのです。

↓下の写真は7月下旬頃の1枚。
まだ麦の穂が青々としていて…小麦畑って気持ちよさそうですよね。
小麦畑は風が見えるんです。



↓そして2週間後、こんなに綺麗な色に・・・・
巨大なコンバインでじゃがいもより、ひと足先に収穫を迎えました。


小麦はどんな料理になるのでしょうか?
麺やパンの「北海道産小麦使用」の文字、要チェックです。

担当Sより

○コメントする

ニックネーム
本 文