concept

じゃがいもDIARY じゃがいもDIARY

北海道のイマ トヨシロ収穫、開始!(2)



———————
7月には花が咲き、青々としていた畑ですが、
収獲を迎えるこの時期には、しっかり茎と葉を乾かします。

役目を終えた地上部(茎や葉)を触ると、
パリパリ、カサカサしています。ちょっと寂しい風景ですね。

でもこうして乾くと、ジャガイモの皮がしっかりと固まります。
そう、これで収穫の準備は完了です!

あとは、土の中で寝ているジャガイモを起こさないように、優しく掘り取るだけです。

収穫時、ジャガイモに与える衝撃を最小限におさえるために、
増地さん・八代さんはその日の土の状態に合わせて、機械の設定を微妙に変えています。

本日は、八代さんの収穫フォトをお届けします。
担当Sより

↓同じじゃがいも畑でも、畑ごとに空気の色が違って見えます。


↓土の状態に合わせて、機械の設定を微妙に調整します。


↓やはり真剣なまなざし。


↓ローラーをつたってゴロゴロとじゃがいもが転がっていきます


↓人の目と手で、石など混入がないか、確かめます


↓じゃがいもが流れてくるスピードはけっこう早いです


↓掘りたて生まれたてのじゃがいもです


↓畑の表面はかなり乾燥していましたが、じゃがいもに着いている土は水分があり、黒々としています


↓向かって右側がこれから収穫の畝です


トヨシロ収穫、開始!(1)はこちらから

○コメント一覧

  • 今年、カルビーさんとご縁があり、カルサポ!企画「じゃがいも見守り隊」として、近畿でトヨシロを栽培していました。

    お写真を拝見して、地上部の茎も葉も枯れ果て、トヨシロに栄養が行き渡って、とても美味しそうなじゃがいもですね!

    私も茎や葉が枯れ果てるまで、待って収穫しましたが、「でもこうして乾くと、ジャガイモの皮がしっかりと固まります。」のお言葉に、とても納得いたしました。

    「畑の表面はかなり乾燥していましたが、じゃがいもに着いている土は水分があり、黒々としています」も私も実感しました。
    雨任せの水やりでしたが、1週間、2週間雨が降らなくても意外と地中には水分が残っていますね。 | 投稿者 |  まこmako

○コメントする

ニックネーム
本 文