concept

じゃがいもDIARY じゃがいもDIARY

北海道のイマ 新入フィールドマンが知った、やりがいとは?[2]

私は「農家に嫁いだお嫁さん(笑)」。北海道の大地でじゃがいもと向き合う新入フィールドマンが知った、やりがいとは?[2]

【特別取材 前編】はこちら→ 私は「農家に嫁いだお嫁さん(笑)」。北海道の大地でじゃがいもと向き合う新入フィールドマンが知った、やりがいとは?[1]


新人フィールドマン・中神志穂さんの密着第2弾!
今回はじゃがいもを作っている生産者の方への思いを、素敵なエピソードで語ってもらいました!

厳しくも楽しい研修期間中に、中神さんは何度も驚く体験をしたそうで・・・!?

取材・文/大橋博之
撮影/河野英喜

 

———————

フィールドマンは農家に嫁いだお嫁さん

──フィールドマンとはどんな仕事ですか?

中神志穂:「フィールドマン」という仕事は最初、生産者さんとじゃがいものことをしゃべっているだけの仕事かなと思っていたんです。「じゃがいもの状態はどうですか~」とか「今年の生育はどうですか~」みたいな(笑)。
でも、実際は肥料の知識を持って対応したり、ハーベスターと呼ばれている、じゃがいもを掘る機械のことも知ってアドバイスをしないといけない。いろんな専門的な知識を身に付けたうえで、生産者さんと接する仕事だったんです。
思っていた以上にコンサルタント的な仕事でした。というより農家に嫁いだお嫁さんのような感じです(笑)。

フィールドマンの仕事はほかにも、収穫したじゃがいもの重量を計ったり、じゃがいもを切って状態を見る検査もあります。実際にじゃがいもをスライスして揚げてみて、製品になった状態を想定した検査もします。


↑収穫して納品されてきたじゃがいもの品質を、厳しくチェック。お客様のことを第一に考えて検査しています

 

↑じゃがいもに病気がないか、ひとつひとつ切って状態を確認します

 
フィールドマンをやるようになってから天気だけは毎朝、チェックするようになりました。雨だと納品が少な目だけど、次の日は逆に増える。朝起きたときに仕事のことを考えるつもりはないのに、ついつい『今日は大変だな』とか、そういうことを思っちゃうんです。


↑この日、朝4時。柔らかな朝日に包まれた広大なじゃがいも畑は、収穫の時を待っています!

 
また、スーパーマーケットでは必ずお菓子売り場を見るようになりました。カルビーの商品を買ってくれているお客様がいると、嬉しくなります。「私、その商品に関わっています!」って言いたくなります(笑)。

 

丁寧な仕事をしてくれる生産者さんには、感謝しかない

──印象的だった生産者さんはいますか?

中神:宇都宮での研修のとき、何度か畑に同行させてもらったんですが、すごく驚いたことがありました。畑って普通は他人が踏み込んだりできないじゃないですか。でも、畑に入っても何も言われない。叱られないどころか、入るのが当たり前なんです。


↑なんのためらいもなく、じゃがいもを掘り起こす中神さん(笑)。でも、足にはしっかりビニールカバー。畑に異物や病気を持ち込まないためなんです

そして、「今回のじゃがいもはどうだ?」みたいな感じで生産者さんが声をかけてくれる。すごくフレンドリーなんです! でも、それって当たり前のことじゃなくて、カルビーポテトが生産者さんのとの間で信頼関係を築いてきたからなんですよね。フィールドマンという仕事は昔から、そんな繋がりを大事にしているんだと思いました。

もちろん、なんでもかんでもフレンドリーというのではなく、生産者さんから仕事の仕方で叱られることもありました。最初のころは少し戸惑いましたが、今ではとても勉強になったと思っています!

鹿児島の研修では生産者さんと一緒にじゃがいもの選別をしたのですが、私と違って生産者さんは本当に丁寧に選別されて、キレイな状態のじゃがいもだけを納品してくれるんです。

『私たちのところに届くじゃがいもはこれだけ手間をかけて来るんだ!』と、とても驚きました。
生活者のことをここまで考えてくださる生産者さんには、感謝しかないです。

頑張って育てて、質のよいじゃがいもだけを選別して納品しようとする生産者さんの努力が、じゃがいも一個一個にはあるんです。それを私たちは見て知っているから、『ちゃんと貯蔵して良い時期に出荷しよう。そうしないと生産者さんに申し訳ない』と、思うようになりました。

 


↑巨大な貯蔵庫で、美味しいポテトチップスやじゃがりこになるのを待つじゃがいも。これで約1200トン。

 

【特別取材 前編】はこちら→ 私は「農家に嫁いだお嫁さん(笑)」。北海道の大地でじゃがいもと向き合う新入フィールドマンが知った、やりがいとは?[1]
【特別取材 後編】はこちら→ 私は「農家に嫁いだお嫁さん(笑)」。北海道の大地でじゃがいもと向き合う新入フィールドマンが知った、やりがいとは?[3]

○コメント一覧

  • 大変な作業ですね。美味しいポテチをありがとうございます。体に気をつけてください | 投稿者 |  やってまど
  • とても興味深かったです!
    また次も楽しみにしています♪ | 投稿者 |  AKI-C
  • ●やってまどさん、 AKI-Cさん
    コメントありがとうございます!
    「じゃがいもDiary」では、ポテトチップスになる前ののじゃがいものことを中心にお届けしておりますので、また閲覧いただけたウレシイです! | 投稿者 |  じゃがいもDiary事務局

○コメントする

ニックネーム
本 文