concept

じゃがいもDIARY じゃがいもDIARY

じゃがいもトリビア リンサクがレンサクを救う、ニャ?!小麦のお話



「輪作」と「連作」をご存知ですか?

「連作」は同じ畑で同じ作物を栽培することをいいます。
連作を続けると、土壌成分が偏ったり、病気が害虫が増えたり、
まるで人間の“偏食”のように、作物にとってのリスクが増えてしまいます。

そこで「輪作」の登場です。
「輪作」はいくつかの作物を順番に植えていくことをいいます。
輪作をすることで、土のバランスが整い、質と量の両面で安定した収穫を期待できます。
 ★この記事でも紹介しています→ ひと足お先に…麦の収穫です!

 

ここ十勝地区では
ジャガイモ、小麦、豆類、甜菜(※)の主に4つの作物を順番に植えています。
同じ畑でジャガイモができるのは3~5年に1度。
毎年違う風景をお楽しみいただけます(笑)
※甜菜(てんさい)・・・ビート、砂糖大根とも呼ばれる、お砂糖の原料となる植物です。

 

さて、収獲を終えた増地さんと八代さんのジャガイモ畑の様子ですが、
ご覧の通り、何やら植えられています。






小麦です。秋に種をまくので秋まき小麦と呼んでいます。

まもなく雪の下になってしまいますが、春になるともの凄い勢いで育ちます。
春は雪解け水でなかなか畑に入れません。

そして忙しい時期でもあるので、秋のうちに種まきができるなんて、心強いですね。

 

猫が畑の様子を見に来ていたので、一緒に撮影しました。



担当Sより

○コメントする

ニックネーム
本 文