IRポリシー

IR情報開示方針

1.基本方針
カルビー株式会社(以下当社という)は、株主・投資家をはじめ全てのステークホルダーのみなさまから正しく理解され、評価され、信頼される企業になるため、積極的に情報開示を行います。

当社は金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示等に関する規則(以下「適時開示規則」)に従って、情報公開を行っております。また、適時開示規則に該当しない情報であっても、株主・投資家のみなさまの投資判断に影響を与える情報については、積極的かつ継続的に開示します。
特定の機関または個人に対して、未公表の重要情報を選択的に開示することを避け、公平かつタイムリーな情報開示に努めます。
2.情報開示の方法
適時開示規則に該当する情報は、同取引所の提供する適時情報開示システム(TDnet)において公開します。TDnet上で公開した情報は、速やかに当社のホームページに掲載し、正確かつ公平に情報が伝達されるよう配慮します。
3.業績予想および将来の予測に関する事項
当社が開示する当社および関係会社の計画、将来の見通し、戦略などのうち、過去または現在の事実でないものは、開示時点において入手可能な情報による判断および仮定に基づくものであり、将来の計画数値や施策の実現を確約、または保証するものではありません。実際の結果は、経済情勢や市場環境の変化等によって、これら見通しとは大きく異なることがありますので、これらの見通しに全面的に依拠することはお控え下さい。
4.沈黙期間
当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日まで(四半期決算においては発表日前2週間)の間を「沈黙期間」として、決算内容に関するコメントや質問に対する回答を差し控えることとしております。ただし、この期間中に従来の業績予想から大きく乖離する見込みとなった場合には、適時開示規則に従って適宜情報開示を行います。