工場紹介 みなさまにできるだけ作りたてのポテトチップスをお届けするため、全国8カ所の工場で生産しています。
TOPに戻る
  • 北海道工場
  • 新宇都宮工場
  • ポテトフーズ関東工場
  • 各務原工場
  • 湘南工場
  • 広島工場 西棟
  • 鹿児島工場
  • 研究開発本部

ポテトチップス生産工場

北海道工場

所在地 :北海道千歳市北信濃工業団地779-4
操業開始:1969年12月

工場周辺の紹介
北海道工場は日本にある湖でトップクラスの透明度を誇る「支笏湖」を始め「千歳川」などの雄大な自然、そして道内の空路玄関口となる千歳空港がある町として知られる、北海道千歳市にあります。

工場からのメッセージ
私たち北海道工場は、ポテトチップスを中心に生産しています。北海道限定のお土産商品として人気の高い「じゃがポックル」はこの工場だけで生産しています。

 私たちが常に重点を置いているのは従業員の安全第一と、高品質な製品を作り出すことです。お客様に高品質な製品を食べていただきたいと、こだわりを持って日々製造しています。

新宇都宮工場

所在地 :栃木県宇都宮市清原工業団地18-7
操業開始:1995年9月26日

工場周辺の紹介
栃木県の県庁所在地「宇都宮市」。日光連山などの豊かな自然と日光東照宮などの文化遺産に恵まれた地に、新宇都宮工場はあります。

工場からのメッセージ
新宇都宮工場は日光連山が一望できる美しい場所にあります。操業開始は1995年、団塊世代と称される年代の従業員が多いですが、最近では若い世代の従業員も増え、工場は活気に満ちています。

新宇都宮工場では、原料となるじゃがいもにこだわりを持っています。産地に当工場の原料専門班が足を運び、契約農家の皆様と共にいかに品質を高められるか日々努力しています。

その農家の方々が愛情を込めて育ててくれたじゃがいもに、日光連山から流れ出る栃木の水とカルビーの固有技術を加え、おいしさと安全を提供いたします。美味しいポテトチップスを、どうぞ皆様お召し上がりください。

ポテトフーズ関東工場

所在地 :埼玉県東松山市大字東平1997
平成元年2月1日

工場周辺の紹介
都心まで電車で1時間。関東地方の中央に位置する埼玉県東松山市。比企丘陵の豊かな自然に恵まれた場所に、ポテトフーズ東松山工場があります。

工場からのメッセージ
ポテトフーズ東松山工場は不良品を絶対に出さないという心がけを基に、
(1):お客様へ安全・安心を提供すること。
(2):製造する従業員も安全・安心な職場であること。
この二つの”安全・安心”を常に心がけています。

工場の特徴としては、とても落ち着いた雰囲気に包まれています。訪問してくださったお客様には「従業員の方々に気持ちよく挨拶してもらえる」というお褒めの言葉をいただくことも多くあります。

また、工場の一角に「じゃがいも公園」を建設し地域の皆様の憩いの場として喜ばれていただけているのも、当工場の特色のひとつです。

私たちはお客様の安全・安心はもとより、日々おいしいポテトチップスをご提供したいという考えで、従業員一同生産に励んでいます。今後とも宜しくお願いいたします。

各務原工場

所在地 :岐阜県各務原市上戸町7-7
操業開始:1983年7月11日

工場周辺の紹介
豊かな山岳と美しい水に恵まれた岐阜県の南部に位置し、木曾川北岸に各務原工場があります。

工場からのメッセージ
各務原工場は、他のカルビー工場に比べ従業員の平均年齢が比較的若いということもあり、とても活気があります。特に、女性スタッフが多く活躍されていることもあり、女性特有のきめ細かさが、いい製品を作り上げる原動力になっています。

岐阜県は水と山がとても豊かな土地です。じゃがいもを洗う時やスライスする時に、大量の水を使用しますが、その水も各務原で採れたおいしい水を使用しています。

ポテトチップスはよく「オートメーションで作られている」と言われますが、違います。従業員が一枚一枚丁寧に生産しています。

これからも、お客様の期待に応えられるようなポテトチップスをお届けできるよう、日々努力してまいります。

湖南工場

所在地 :滋賀県湖南市柑子袋558
1976年11月 滋賀工場として操業

工場周辺の紹介
京阪神の水がめの役割を果たしている日本最大の湖「琵琶湖」の南に隣接するように湖南工場はあります。

工場からのメッセージ
湖南工場では、ポテトチップス「うすしお」「コンソメパンチ」などの全国で発売されている製品をはじめ、主に近畿地区で販売している「関西だしじょうゆ」などを製造しています。

スタッフも安全な製品をつくることを第一の重点において、丁寧な製造を心がけています。

また、湖南工場は地域に根付いた工場として、地域と密接な関わりをもつ商品の開発を視野に入れて業務を行っています。地域の皆様と一緒になって、もの作り・製品の開発が行えるような環境づくりを目指しています。

これからも、お客様が安心してお召し上がりいただける製品を作っていけるよう、スタッフ一同努力してまいりますので、今後ともご愛好のほどをよろしくお願い申し上げます

広島工場 西棟

所在地 :広島県廿日市市木材港北10-20
1986年11月

工場周辺の紹介
ユネスコの世界文化遺産となっている厳島神社が建つ、日本三景の「宮島」が一望できる湾岸地帯に、広島工場があります。

工場からのメッセージ
広島県は、とても自然に恵まれています。東には海、西には山があり、広島市内にはいくつもの川の支流が流れ、独特の景観を成しています。また、厳島神社などの様々な文化遺産にも恵まれています。

広島工場の雰囲気を一言でいえば、従業員が皆フレンドリーな関係であるということです。従業員同士が気持ちよい挨拶を交わしあうことはもちろん、輪を大切にする意識を持っています。

皆様にお召し上がりいただいているポテトチップスは手に取れば一枚にすぎませんが、私たちはこの一枚に手間隙をかけ、丹精込めて作っています。お召し上がりいただく際に、そのような事を想い馳せていただければ、私たち作り手側としても冥利に尽きます。

今後とも、当社の製品をよろしくお願いいたします。

鹿児島工場

所在地 :鹿児島市南栄2-5
操業開始:1975年4月

工場周辺の紹介
鹿児島中央駅から桜島を眺めながら、車を走らせることおよそ30分。鹿児島ならではの芋焼酎工場などの工場が並ぶ工場地帯の一角に、カルビー鹿児島工場があります。

工場からのメッセージ
鹿児島工場では、主にポテトチップスを製造しています。

カルビーで使用している国内産のじゃがいもは、北海道産が8割、後の2割が九州〜本州産のじゃがいもを使用しています。私たちは良質な原料を無駄にせず製品化することに努めています。私たちも、一歩工場の外に出ると消費者になります。だからこそ、消費者として厳しい目で商品を作っているのです。

従業員一丸となって一枚一枚のポテトチップスを真心込めてつくっていますので、おいしく召し上がっていただければと思っています。

研究開発本部

所在地 :栃木県宇都宮市清原工業団地23-6
操業開始:2004年7月12日

研究開発本部周辺の紹介
センターのある清原工業団地は栃木県の県庁所在地である宇都宮市の東側に位置しています。
近くには鬼怒川が流れ、また遠くには日光連山を望めるなど豊かな自然に恵まれた地に研究開発部はあります。

研究開発本部からのメッセージ
研究開発本部では、お客様の声を起点として、商品の企画から製品化までを一貫して行っています。
基礎研究から産まれた新製品という卵を雛に育て上げ、さらには大きな若鶏に成長させ、市場に提供しています。
ここで作られる新製品は、店舗限定やエリア限定でしか販売していませんが、チャンスがあれば是非ご賞味いただき、ご意見ご感想をいただければ幸いです。