採用トップ  >  
採用情報  >  
みんなの「?」にカルビーが答えます

みんなの「?」にカルビーが答えます

カルビーには、成長しようとする意欲を応援する社風や、チャレンジしがいのある仕事やキャリアがあります。ここでは、そんなカルビーの社内の雰囲気や制度、そして選考について、Q&A方式でご説明します。
※なお、いずれの回答も、2017年2月現在のものとなります

  • カルビーについて
  • 選考について

カルビーについて

question なぜ「人財」に「材」ではなく「財」の字を使っているのですか?
answer カルビーでは、「人は会社の財産であり、"財=たから"である」と考えています。そして、「カルビーの成長をつくる従業員一人ひとりが、"財"だと思われるような人物に成長してほしい」という期待を込め、「人財」という言葉を使っています。
question 社員同士はどのように呼び合っているのでしょうか?
answer 全員「さん付け」で呼び合っています。上司や役員に対しても役職名ではなく「さん付け」ですのでコミュニケーションがとりやすい雰囲気です。
question トップと話をする機会はありますか?
answer

あります。「松塾」という従業員であれば誰でも手を挙げて参加のできる機会があります。松本会長や創業家の松尾相談役の講義を聞いたり自由に対話する場があります。また、年に2回トップが全国の事業所を巡り、経営方針などを話す「タウンホールミーティング」の場を設け、様々な質問に答えています。本社では役員専用の部屋がなく同じフロアで仕事をしていますので、普段も言葉を交わすことができます。

  • 学びの場について
question 転勤や部署異動はありますか?
answer グループ会社への出向も含めて異動・転勤があります。
question いずれは海外で働きたいと思っています。海外事業部への希望は出せますか?
answer 出せます。チャレンジャーを積極的に応援する人事制度を設けております。詳しくはリンクをご参照下さい。
  • 人事制度について
  • 海外事業について
question 海外展開について教えてください。
answer

現在、香港、タイ、中国、韓国、台湾、インドネシア、フィリピン、シンガポールといったアジア、およびアメリカ、英国、スペインで事業を展開しています。2009年には世界最大規模の食品・飲料会社であるPepsiCo, Inc.と戦略的提携契約を結ぶなど、今後も積極的に海外展開を進めていきます。海外で力を発揮したい、自分の手で市場を開拓したいとお考えの方、カルビーと一緒にチャレンジしてみませんか?

  • 海外事業について
question 私は機械・電気系の学生ですが、カルビーに活躍の場はありますか?
answer 大いにあるとお考え下さい。現在の生産工場における設備の改善・改良をはじめ、今までにない新たな味・形・食感を持つ商品を世の中に出すためには、それを実現する生産設備設計の技術力が欠かせません。ご自身の持っている技術をぜひカルビーで活かしていただきたいと思います。
  • 生産技術職について
question 新入社員研修について教えてください。
answer

カルビーには、入社後より各時期に応じた研修を用意しています。社会人としての基本的なビジネスマナーから始まりカルビーの考え方やビジネスの仕組みの理解、工場で実際の製品づくりの業務まで携わる実務的なものです。新入社員研修の締めくくりとなる馬鈴薯研修では、収穫時期に合わせて北海道へ赴き、実際の収穫作業に携わって頂きます。カルビー商品の主原料である豊かに育った馬鈴薯や、それらを育む雄大な大地を目の前に、「掘りだそう、自然の力。」の意味を肌で体感していただけます。

  • 教育制度について
question 外国人留学生は海外事業本部以外でも働けるのでしょうか?
answer 海外関連の仕事だけではなく、全ての職種で働ける機会があります。実際に、工場や物流、営業、商品企画、新規事業開発、人事などでも活躍しています。
question 技術系から事務系へなど、職種を超えた異動例はありますか?
answer あります。キャリア形成の一環として、職種間ローテーションもあります。
question 結婚や出産をする場合、サポートしてくれる制度はありますか?
answer 慶弔休暇等はもちろん、育児に関するサポートが充実し、皆が積極的に活用しています。例えば、育児勤務については、国の定める期間よりも長い期間育児勤務ができます(小学校3年生まで)。そういった背景から、出産後も復帰される方が大半です。
  • ダイバーシティについて
question 寮や社宅はありますか?入寮条件などがあれば教えてください。
answer 自宅から通えない場所に配属になった場合は、当社規程により、当社保有の寮、もしくは一般住宅の借り上げという形で住居を準備しています。(30歳まで)毎月一定の使用料を徴収します。その後は、当社規程により借上社宅に入居できます。
question 社員の余暇や自己啓発をサポートする制度はありますか?
answer

カルビーではライフワークバランスの考え方から、効率的な働き方をし、早く退社して家族と過ごす時間や自分を磨く時間を大切にしてほしいと考えています。制度の一例としては、従業員に福利厚生費用の一部をポイント化して付与し、そのポイントの範囲内で各自の生活スタイルや価値観に合った福利厚生事業を選択・利用してもらうカフェテリアプランを用意しています。
また、自己啓発については、年2回、約200種のコースを提供しています。通信教育や英会話、集合型研修などがあり、自分に合った勉強スタイルを自由に2コースまで選べます。

  • ライフワークバランスについて
question 会社から社員の家族へ向けて取り組んでいることはありますか?
answer

カルビーでは企業ビジョンにも掲げているとおり、従業員とその家族を大切にしています。20年以上の勤続者には、勤続年数に応じてご家族に感謝の意を表し、休暇と旅行代金が支給される「サンクス・ファミリー制度」を実施しています。また本社では、ファミリーデーというイベントを設け、年1回従業員の家族を招き、オフィス見学やゲームを通して、家族の働いている会社について理解を深める機会を設けています。

question スポーツや趣味を楽しむ場はありますか?
answer 事業所ごとに各種クラブ活動を積極的に行っています。(例:マラソン・華道・英会話・水泳など)クラブ活動以外にも個人が
ケーキ教室、ワインセミナー、バーベキューの企画など、趣味を楽しみながら、活発的に交流しています。

ページトップへ