カルサポ!カルサポ!

カルビーをもっと楽しく!もっと身近に!

カルサポ!TOPへカルサポ!TOPへ

スタッフブログ

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

過去のスタッフブログ

カルサポスタッフの気ままブログ

絵本のお話。

2015/02/04

投稿者:イブ

こんにちは、イブです。

 

突然ですが、子どもの頃に読んだ絵本の内容って覚えてますか?

 

私は、子どもが夜寝る前に「絵本読んで~」となるので
最近結構読んでいるのですが、
「えっ?!こんな内容だったっけ?」
とちょっと驚きましたので、その中から
最近読んだ“どうしても気持ちが割り切れない”お話を
完全にイブ目線で、いくつかご紹介したいと思います。

 

<フランダースの犬>

 とにかく、悲しいです。途中も悲しいことが起きますが、
最後、もっと悲しいです・・・。
ネロとパトラッシュは一体どうしたら助かったというのでしょうか?!

 

私は最初の3ページぐらいで声が詰まって読めなくなってしまいます。
子「早くつぎ読んでよ~」
私「ごめん、眠くなっちゃった」(寝たふり。)

 

アニメでも有名ですね。主題歌でも泣けます。

 

<人魚姫>

 架空の生物に美しいお話なのですが、悲しいお話です。

 

途中、「王子様のを命を奪わなければ自分の命は助からない」と魔女に言われ
寝ている王子に短剣を向ける人魚姫のイラストがあるのですが、
果たして子どもに見せてよいものか…
結局、心の優しい人魚姫は実行できず、海の泡となってしまいます…

 

魔女に“足”を頼んだのがそもそもの間違いだったのでしょうか?
架空の世界なので、何とか呑み込めますが・・・

 

<おむすびころりん>

 おじいさんは、おばあさんが握ってくれたおむすびを
“ころりん”と大きな穴に落としてしまいます。
楽しいお囃子が聞こえるのでもう1個落とし、踊っていましたが
しまいにおじいさんも落ちてしまいます。が、そこはネズミの世界の穴。
ネズミ達にお礼を言われ、もてなされ、お土産にもらった
“うちでの小づち”で、金銀財宝を手に入れた・・・ 

 

…って、いいなぁ~!!(ちょっと運が良すぎ?笑)
きっと日頃の行いが良かったんでしょうね。

 
悲しいばかりのお話もあるわけですから、
楽しくてラッキーなお話があっても、もちろん良いですよね!

 

子供向けの絵本ですが、大人も考えさせられ、一喜一憂、
感慨深いものです。