カルサポ!カルサポ!

カルビーをもっと楽しく!もっと身近に!

カルサポ!TOPへカルサポ!TOPへ

スタッフブログ

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

過去のスタッフブログ

カルサポスタッフの気ままブログ

勉強になりましたφ(・ェ・o)

2012.05.10

投稿者:掘多爽

ちわ~~ッス、日本史は「戦国~江戸時代」が好きな掘多です。

そんな僕がずっと気になっていた『江戸東京博物館』へ行ってきました!
この博物館は、名前の通り江戸時代~明治・大正・昭和に移り行く
東京の様子を見ることができるんです(^▽^)

早速入ってみると、江戸の展示物からスタートです。
ここでは大名屋敷や江戸の町並みを再現した模型が精巧で、
設置されている双眼鏡を使いじっくりと見入ってしまいました。
野菜売りをしている人や、犬と遊んでいる子供など本当によくできています。
その他、使われていた生活用具やお金なども沢山展示されており、
当時の人々の生活を垣間見ることが出来ました。
“千両箱”や”纏”は実際に触ることが可能で、
持ってみるととても重く
「昔の人は鍛えていたんだなぁ~」
などと思いました(^-^;)
僕も負けないように筋トレを始・・・?!
※纏(まとい)=町の火消しが地区のシンボルとして持っているものです。コレは「す」組↓

120510_1.jpg

また、テレビもラジオもないこの時代の人々の楽しみは”芝居”だったそうで、
こちらは江戸歌舞伎の代表演目「助六(すけろく)」です。
僕は歌舞伎というものを見たことがないのですが、
エンターテイメント性のある演劇だそうなので、
内容を理解できれば面白そうだなと思いました。(それには勉強しなくては!)

120510_2.jpg

江戸時代の展示が終わると、明治・大正と少しずつ現代に近付いていきます。
鹿鳴館の模型や綺麗なドレス、車輪の大きな自転車など異国文化が入ってきて、
こんなにもか!と思うほど様変わりしていき、
この時代を生きた人々はどれ程驚き戸惑ったのだろう・・・と感じました。
そしてこちらは日本で初めての新聞社「朝野(ちょうや)新聞社」です。
原寸大だったので、全体を写すのが難しく。。正面からパチリ。

120510_3.jpg

新聞社が出来たということは、記者や印刷、配達などの仕事も生まれたという事ですよね。
今では”あって当たり前”のものも、
ルーツを知ることで新たな発見があるかもしれませんね。

もっと書きたいことはあるのですが(何せ広い!そして3時間弱いました;)
長くなってきましたのでこの辺でしめたいと思います(^-^)ノ
どの時代にも精一杯生きた人たちがいて、その全てが現代の私たちに繋がっている。
全然関係がないようで、すごく深く関わっている日本の歴史を
もっともっと知りたいと思った1日でした。

コメント一覧

  • 江戸東京博物館、私も行ったことあります。すぐ一回り出来るかと思っていったのですが、かなり見ごたえがあって私も思ったより長い時間いた覚えがあります。楽しいしお勧めスポットですよね
    | 投稿者 |  なおなおべぇ
  • 子供が歴史好きなので、行ってみたいと思います。
    | 投稿者 |  ばなな♪
  • 私も戦国~江戸時代って大好きです♪
    まだ江戸東京博物館へ行ったことがないので
    とっても気になります(^^♪
    | 投稿者 |  アウローラ
  • ■なおなおべぇさん
    僕も「すぐに見て回れるだろう」と思っていたのですが、
    興味深いものばかりであっという間に時間が経っていました。
    もう1度行っても楽しめると思います(*^▽^)笑
    ■ばなな♪さん
    お子様が歴史好きとは、きっと勉強熱心なんでしょうね~!
    僕が行った日、修学旅行生の団体も来ていましたので、
    学生さんは教科書を読んでいるよりも楽しいと思いますよ♪
    ■アウローラさん
    決して「平和だった」とはいえない時代ですが、
    この時代が今の日本の基礎になっていると僕は思っています。
    歴史をたっぷりと感じることができますので、機会がありましたら是非♪
    | 投稿者 |  掘多爽
  • 娘が去年に社会科見学で行った場所でした。
    画像本人にを見せたら、「これあった!」と言っていました。
    千両箱はかなり重いのですね。時代劇によく出てくる「ねずみ小僧」はかなりの力持ち?(笑)
    | 投稿者 |  TAKE-K
  • 歴史ブームですよね!
    | 投稿者 |  かずりんこママ
  • ■TAKE-Kさん
    ここは社会見学にはとっても良いでしょうね~!
    千両箱は、時代劇のように小脇に抱えて・・・
    ができるような重さではありませんでしたよヽ(;´Д`)ノ
    ■かずりんこママさん
    僕は学生の頃、あまり歴史が好きではありませんでした。
    「勉強」という縛り?がなくなってから興味を持ち出したので、
    もっと早く興味があればテストも・・・と思います(笑)
    | 投稿者 |  掘多爽

コメントをする

ニックネーム
本 文