ポリシー・宣言

カルビーグループ行動規範

1 法令および社会規範等の遵守

  • 私たちは、国や海外現地の法令、社会規範、社内外の諸規則やルールを守り、高い倫理観に基づいて、社会に信頼される公正で良識ある企業活動に努めます。

2 お客様本位の徹底

  • 私たちは、何よりもお客様が第一であることを徹底し、お客様から高い信頼と満足を頂けるよう、安全で質の高い製品とサービスの提供に努めます。
  • 私たちは、VOC 〔Voice of Customer(お客様の声)〕を企業活動へ的確に反映し、新たな価値の創造を目指します。
  • 私たちは、生活者一人ひとりのニーズにお応えする提案を通じて、食生活の彩を豊かにし「健やかなくらし」に貢献し続けます。

3 従業員の尊重

  • 私たちは、互いに個人を尊重し、誰もが活き活きと働くことができる職場づくりに努めます。
  • 私たちは、チームワークを大切にして、全員参加で共通目標の達成を目指します。
  • 私たちは、地域社会で活躍する一人ひとりのプレーヤーとして自らの能力を磨き続けます。

4 公平かつ公正な関係の構築

  • 私たちは、お客様・取引先・株主を始めとする全ての関係者との間で公平かつ公正な関係維持に努め、企業の社会的責任を果たします。
  • 私たちは、お得意先との協力を深めて相互に価値を創出し、共利共盛の関係を構築します。

5 環境・資源の保全・保護

  • 私たちは、地球環境の保全に取り組むとともに、省エネルギー活動を推進し地球資源の保護に努めます。
  • 私たちは、農業・漁業で働く人々やその産地とより深く結びついたネットワークを構築して「自然の恵み」を大切に活かしていきます。

6 地域社会への貢献

  • 私たちは、自らが地域社会の一員であることを認識し、地域社会との調和や連携に努めるとともに、良き企業市民として積極的に社会貢献活動に取り組みます。
  • 私たちは、海外で事業を行う際に、その国・地域の文化・習慣を尊重し、国際社会の発展に貢献します。

カルビーグループ 贈収賄防止ポリシー

私たちカルビーグループ(以下「カルビー」)は、ビジョンとして「顧客・取引先から、次に従業員とその家族から、そしてコミュニティから、最後に株主から尊敬され、賞賛され、そして愛される会社になる」ことを掲げています。
また、行動規範(行動指針を含む)には、社会的良識に反する利益便益の授受を行わないことを表明しています。
この度、カルビーは、社会からより一層の信頼を得、持続的発展をしていくために、本ポリシーを制定し、グループとして事業を展開するあらゆる国・地域において、贈収賄の防止に取り組んでまいります。

1.贈賄の禁止

カルビーは、国内外を問わず、当社のための事業または事業上の便宜の獲得または維持を目的として、他者に対し、直接的または間接的に、金銭その他一切の利益または便益(以下「金銭等」)を供与したり、約束したり、申し出たりする贈賄行為を許しません。

2.収賄の禁止

カルビーは、国内外を問わず、当社のための事業または事業上の便宜の獲得または維持を目的として、他者に対し、直接的または間接的に、金銭等の受領や要求といった収賄行為を許しません。

3.公務員等への対応

カルビーは、各国の公務員および公務員に準ずる者(政府、地方公共団体、政府系企業、政党、国際機関の役職員等(以下「公務員等」))に対し、贈賄行為を行わないよう、各国の贈収賄関連法を遵守した事業活動を行います。

4.第三者への対応

カルビーは、エージェントやコンサルタント等の第三者を通じて行った公務員等への贈賄行為を許しません。

5.記録管理の徹底

カルビーは、本ポリシーおよび各国の贈収賄関連法を遵守し、適正な内部統制システムのもと、事実に基づき会計帳簿等を正確に記録し、関連帳票を適正に保管します。

6.違反等の処置

カルビーは、本ポリシーまたは各国の贈収賄関連法に違反した場合は、社内での処分や関係当局等による調査に全面的に協力し、厳格に対応します。

7.改定

カルビーは、各国の贈収賄関連法を遵守するため,必要が生じた場合には、速やかに本ポリシーを改定します。

【用語の定義】

本ポリシーにおいて用いられる用語は、以下のとおりとします。

  • ※「カルビーグループ」とは
    カルビー株式会社およびその国内外関係会社の全ての役員、従業員に適用します。
  • ※「金銭等」とは
    • ・現金、金券、ギフト券、未公開株、融資、担保
    • ・贈答、饗応、招待(スポーツ観戦や観劇、旅行)
    • ・寄付、献金、スポンサー費
    • ・謝礼、リベート等
    また、国および地域によっては、公務員等から通関、検問、入国または滞在ビザの発給または延長申請等に関して、関連法令に根拠のない小額の支払い(以下、「ファシリテーションペイメント」と言う)を要求されることがあります。このようなファシリテーションペイメントも、公務員等に対する贈賄として禁止されています。
  • ※「各国の贈収賄関連法」とは
    1. 日本:不正競争防止法(第18条)、国家公務員倫理法
    2. 米国:海外腐敗行為防止法(Foreign Corrupt Practices Act、“FCPA”)
    3. 英国:2010年贈収賄法(UK Bribery Act 2010)
    4. その他:OECD外国公務員贈賄防止条約

2016年9月1日制定

カルビーグループ CSR調達ポリシー

私たちカルビーグループ(以下「カルビー」)は、ビジョンとして「顧客・取引先」との関係を第一に掲げています。そして、「購買基本方針と取引ガイドライン」には、この理念とCSR活動の精神を購買取引の方針に取り入れています。
そこで、カルビーは、以下のとおり「CSR調達ポリシー」を制定し、サプライヤーの皆様とともに連携して、サプライチェーン全体におけるCSR活動を、より一層強化してまいります。

1.法令・社会規範の遵守

国内外の法令や社会規範を遵守し、公正・公平・透明な調達活動をします。

2.人権への配慮

国際的に宣言されている人権擁護を支持・尊重し、非人道的な扱いを禁止します。
また、人権侵害には、加担しません。

3.労働への配慮

いかなる形態においても、強制労働を排除し、児童労働を実効的に廃止します。

4.環境への配慮

地球環境の保全に対し積極的に取り組むとともに、その責任を担い、社会及び生態系への影響に配慮します。

5.品質・安全性の確保

品質管理を徹底し、製品・サービスが国内外の法令等で定める安全基準を満足できるように取り組みます。

6.情報セキュリティへの取り組み

コンピュータ・ネットワーク上の脅威に対する防御策を講じ、個人情報及び機密情報は、適切に管理します。

以上
2016年10月制定

英国現代奴隷法に関する表明

カルビー株式会社は、英国法"Modern Slavery Act 2015"への対応として、当社ウェブサイト上に「Statement Relating to UK Modern Slavery Act(英国現代奴隷法に関する表明(参考訳))」を以下の通り開示致します。

2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度

カルビーダイバーシティ宣言

カルビーダイバーシティ宣言

掘りだそう、多様性。
育てよう、私と Calbee
互いの価値観を認めあい、最大限に活かしあう。
多様性こそ Calbee 成長のチカラ。
「ライフ」も「ワーク」も
やめられない、とまらない。

カルビーグループ健康宣言

カルビーグループの継続的な成長は従業員の成長、そして従業員とその家族の健康なくしては実現しないとの考えから、2016年10月に「カルビーグループ健康宣言」を制定しました。心身ともに健康で、やる気とチャレンジ精神を持って、明るくイキイキと働ける状態を目指して、健康維持・増進活動に取り組んでいきます。

カルビーグループ健康宣言

掘りだそう、豊かな未来。
私も家族も同僚も、互いの健康思いやる。
健康こそ、イキイキ活躍の原動力、
私と Calbee の成長をドライブします。
「ライフ」も「ワーク」も、
やめられない、とまらない。

カルビーグループ環境活動宣言

環境活動宣言
I. 環境に対する基本的な考え方
『掘りだそう、自然の力。』
カルビーグループは、このコーポレートメッセージのもと、
地球が育んだ自然の恵みをカタチにして、お客様にお届けしています。
自然の生命力、可能性を掘りだすとともに、
地球が育んだ自然の恵みを大切に使い、
できる限り自然のカタチに戻して、地球にお返しします。
地球のすべての動物、植物とともにくらす一員として、
すばらしい自然の力を、未来の世代につなげていきたい、
そして、すべてのステークホルダーの皆様から「愛される」企業になりたい、
それがカルビーグループの願いです。
II. 環境方針
  1. 環境に関する法令、条例等を遵守します。
  2. 人々の健康や地球環境に配慮した安全な商品の提供に努めます。
  3. 地球温暖化につながるCO2の排出抑制に努めます。
  4. 自然の恵みである原料を無駄なく活用するとともに、廃棄物および水使用の削減を目指します。
  5. すべての従業員で、環境保全に取り組みます。

カルビーグループ社会貢献 ミッションステートメント

私たちカルビーグループ従業員は、良き市民として、
私たちが生活し、働いている地域社会、
さらには全世界の共同社会に貢献します。