カルビーフードコミュニケーション
実施校事例

先生からのご報告と参加したお子様の年齢

ふじようちえん園での栽培レポート!

まだ肌寒い春先に、東京立川市の「ふじようちえん」にお邪魔して、じゃがいもの植え付けを見届けてきました。

モンテッソーリ教育法を基準に、子どもが本来持っている”自ら育つ力”を引き出す保育を実践。
じゃがいも博士 大橋さんの”じゃがいも青空教室”

植え付けの前に、“じゃがいも青空教室”を開いて、子どもたちにじゃがいもについてのお勉強をしてもらいました。
先生はじゃがいも博士の大橋さん。気持ちのよい園庭でみんな興味しんしん。
「じゃがいもは何を植えるとできるでしょうか?」「じゃがいもは春植えたら、いつできる?」といった内容を、クイズ形式で楽しくお勉強。 みんな「はーい!」と元気に手をあげて積極的に参加してくれました。中には全問正解する子もいましたよ!

クイズ形式でじゃがいものお勉強です。

元気いっぱいにクイズに挑戦!

畑へGO!みんなでじゃがいもを植え付けました。

園の近くにある畑に移動して、さっそく植え付け開始です。
じゃがいも博士から親イモを受けとり、一人ひとつずつじゃがいもを植え付けました。
先生が用意して下さったうねにみんなで並んで、じゃがいもを置き、そっと土をかけてあげます。あまり深く埋めずに土は10cmくらいがポイントです。
植え終わったら「大きくなぁ~れ!」と、おいしいじゃがいもになることをみんなでお祈り。

「じゃがいもの植え付けも、園の建物も、私たちも、子どもが育つための道具なんですよ。」とお話しになる加藤園長。
栽培活動で、子どもたちに大地の恵みについて何かを感じてもらえることを願いつつ、園を後にしたスタッフでした。

ふじようちえんから、収穫後の写真を送って頂きました。
沢山のじゃがいもが無事に収穫できたようですね。
じゃがいもは、塩ゆで、ポテトサラダ、ポテトチップスなどにして、
おいしく食べていただいたそうです! 

ふじようちえんのみなさん、ありがとうございました!!

出張授業スナックスクールお申し込み おやつとの付き合い方講演会
学習サポート faq
PAGE TOP ↑