カルビーフードコミュニケーション
おやつの豆知識

おやつの上手な選び方

おやつのバランスを考えましょう

おやつは子どもにとって、毎日の楽しみです。その一方で、幼児期には
食事で不足しがちな栄養素を補う「補食」として大切な役割を持ってい
ます。ですから、子どもの要求に負けて、ほしがるものばかりを与えていては、おやつの
意味がありません。そのためにも、大人がおやつの意味を正しく理解して、何を食べさせ
るのがよいかを選んでいかなければならないのです。

では、どんなおやつを採り入れていけばよいのでしょうか。
そのヒントは下の3つの食品群にあります。

主に体をつくるもとになるもの、エネルギーのもとになるもの、主に体の調子を整えるもとになるもの

食事の献立を考えるときには、これらの3つのカテゴリーからバランスよく摂取することが望まれますが、食事で十分に摂れなかったカテゴリーについては、おやつで補うようにすればよいのです。

「乳」「豆類」「くだもの」の3つを積極的に

特に食事で不足しがちなのは、次の3つの食品です。
まずは「乳」。骨や歯の成長のためにカルシウムを必要とする子どもたちは、大人の2倍の量を摂ることが望まれます。牛乳ならコップ約2杯ぶんを目安にしてください。
「豆類」は、一般的に現代の食卓にのぼりにくい食品になっているといわれます。豆そのものでなくても、小豆やきなこ、豆乳など、おやつで食べられるものはたくさんありますので、積極的に摂取したいものです。そして「くだもの」。食事のあとではどうしても少量しかとることができません。
ぜひ、おやつで食べたいものです。

とはいえ、栄養をとることにがんじがらめになってしまってはいけません。クッキーと豆乳、甘いシリアルに牛乳をかけるなど、子どもの好きなおやつと組み合わせて、楽しみながら与える工夫をすることが大切です。

一覧に戻る

出張授業スナックスクールお申し込み おやつとの付き合い方講演会
学習サポート faq
PAGE TOP ↑