採用トップ  >  
カルビーについて  >  
カルビーの環境について

カルビーのグローバル展開について

カルビーグループの成長戦略を支える、海外事業について

上記の考えをもとに、カルビーでは従業員の『働き方改革』を行っています。
ここでは、ライフワークバランスを重視した、カルビーイノベーティブフィールドの施策を紹介します。

柔軟な働き方

フリーアドレス
働き方改革の1つとして、本社オフィスでは従業員が自分の固定席を持たない「フリーアドレス」を採用しています。社員は出社時に、入口に設置されたダーツシステムにアクセスし、以下の3種類から座席を選択すると、システムが自動で席を決定します。
仕切りにより、1人で集中して仕事ができる「ソロ席」、ほかとの接触を一切絶ってさらに集中度が高い「集中席」、4人掛けの席でコミュニケーションのとりやすい「コミュニケーション席」。ワークスタイルや、その日の業務内容によって、席を自由に選択することができます。従業員だけにとどまらず役員もフリーアドレス制です。部門や役職を越えてだれとでも仕事ができる環境を整えています。従業員同士のコミュニケーションを増やし、アイデアの創出を促しています。

売上比率

フレックスタイム制度・在宅勤務・営業の「直行直帰」
フレックスタイム制度とは、コアタイム(10時-15時)を含めば、自分のライフスタイルに合わせて、自分で出社・退社時刻を設定できる制度です。営業職の方を中心に、「直行直帰」のワークスタイルも推進しています。
また、カルビーには在宅勤務制度もあります。その日の業務内容によって在宅勤務を選択することで、通勤時間の削減や親の介護・育児をしている従業員の時間の有効活用など、ライフワークバランスの向上に取り組んでいます。

ダイバーシティの推進

カルビーグループは、「ダイバーシティ」を経営上の重要な戦略のひとつと考え、多様な人財の採用と活躍を推進しています。個性光る多様な人財が集まることで、新しいアイデアが創出され、カタチとなり、カルビーに革新を引き起こします。

カルビーダイバーシティ宣言

その他のダイバーシティ情報

  • 選考について
    選考について
  • ダイバーシティの取り組みと成果・実績
    選考について

ページトップへ