concept

じゃがいもDIARY じゃがいもDIARY

北海道のイマ 収穫、そして生産者さんに感謝



北海道の季節はもう雪景色ですが、
まだまだお見せしていない写真がたくさんある、と
担当Sより、収穫時のレポートがありました。

———————
遅くなりましたが。。。
お陰様で、増地さん・八代さんの収穫は無事終了しました。
今、お二人のジャガイモは貯蔵庫の中で出荷の順番待ちをしています。

収獲中のお話が中々できなかったので、
取りためていた写真とともに皆さんにご紹介します。



9月13~15日、カルビーの担当者が取材班を連れてやってきました。
が、12日の雨の影響で、13日は晴れましたけど、収穫中止です。なぜか。

畑に水分が多すぎると、泥団子になったジャガイモの収穫になるので、選別ができません。
いや、そもそもトラクターと収穫機がうまく走れないかもしれない・・・。
  
  

さて、収穫中止の13日の翌朝、畑の様子を確認して回っている増地さんにお会いしました。
このあと、カルビーポテトが集荷を再開する通知があったので、8時頃から収穫を開始!





  

いつみても、増地さんも八代さんも真剣な表情でとてもかっこいいです。





 
  
というのも、沢山の面積を経営する方々にとって、収穫期は1日も無駄にできません。
ジャガイモを収穫したら、次は秋まき小麦やビート、豆、長芋、、、などなど。
他の作業が待っています。なので、作業の進捗には本当にシビアです。

それでも、笑顔で対応してくださるお二人には、本当に頭が下がります。





  

これからは貯蔵管理や、貯蔵中の検査、そして出荷までをご覧いただこうと思います。
引き続き、よろしくお願いいたします!

担当Sより
———————

○コメントする

ニックネーム
本 文