かっぱえびせんの歴史

1964年から続く、やめられない、とまらないかっぱえびせんの歴史。
時代によっていろいろなパッケージや味が登場しています。
懐かしいデザインや味が見つかるかもしれません。
また食べたい味のリクエストも、お客様相談室にお寄せください!

パッケージの歴史

1964年

かっぱえびせん発売!

1964年

1964年(昭和39年)にかっぱえびせんが誕生。
当時のパッケージは透明でした。
えびのイラストの上に、かっぱえびせんの前身である“かっぱあられ”の名前が入っています。

1981年

赤いパッケージになりました。

1981年 

1981年(昭和56年)6月、その後のかっぱえびせんのシンボルカラーとなった、赤を基調としたデザインに。
パッケージは一部透明で、中のお菓子が見えてい ます。

1985年

アルミ蒸着フィルムに変更!

1985年

1985年(昭和60年)4月、お菓子の味をさらにおいしく保つために、パッケージのフィルムをアルミ蒸着フィルムに変えました。
お菓子は写真で掲載しています。

1990年

波模様が入って鮮やかなパッケージに。

1990年

1990年(平成2年)4月、海をイメージした波模様を付け、鮮やかなデザインになりました。

1999年

「やめられない、とまらない」が
パッケージに登場!

1999年

1999年(平成11年)9月、にかっぱえびせんのロゴを大きくし、「やめられない、とまらない」のキャッチフレーズを、初めてパッケージに掲載しました。
カルシウムの量を記載したのもここからでした。

2002年

パッケージのえびが変わった!?

2002年

2002年(平成14年)4月、えびのイラストが変わりました。リアルなイラストから、デフォルメされたイラストになって、パッケージの真ん中に堂々と大きく配置。
キャッチフレーズは「思い出すと食べたくなるでしょ」でした。

2004年

「ノンフライ」と大きく書きました。

2004年

2004年(平成16年)8月、えびの背景に海をイメージした波模様が再登場。 ノンフライの文字を大きく掲載しています。 キャッチフレーズは、「やっぱり やめられない、 とまらない」。

2006年

カルシウムが入っていることをアピール!

2006年

2006年(平成18年)8月、えびの背景の波模様をはっきりさせ、カルシウム入りを大きくアピール!

2007年

白が基調のパッケージになったんです!

2008年

2007年(平成19年)4月、1981年以来、26年ぶりにデザインを一新!
白を採用して、シンボルカラーの赤をより際立たせ、新しさが感じられるデザインに。

2008年

パッケージの上下が再び赤く。

2008年

2008年(平成20年)4月、デザインを一新した白のパッケージの上下に赤を追加。
よりひきしまったデザインになりました!

2012年

「赤いパッケージ」が復活!

2012年

2012年(平成24年)1月、ブランドイメージである赤を基調としたパッケージにしました。
海を連想させる背景の波模様、えびのイラスト・商品名ロゴが際立配色の白い帯を採用。

2020年

「かっぱえび家」が初めてパッケージ表面に登場

2020年

2020年(令和2年)2月、『かっぱえびせん』のキャラクター“かっぱえび家”の4人が登場し、明るく楽しいデザインに仕上げました。