concept

北海道のイマ 萌芽 →もえめ?→“ほうが”と読みますよ

5月30日(火)

本日の帯広市の最高気温は28℃。

この時季の朝は涼しくてとても気持ち良いですよ。
横浜育ちの私の妻は、「毎朝、高原の朝だ〜!」と喜んでいます(笑)

今日はお昼過ぎに八代さん、夕方は増地さんのジャガイモ畑におじゃましました。
おわかりでしょうか、、、芽が出てきています!夕日に照らされる培土もとても綺麗ですね。

今から約4週間前、半分に切って植えられたあの種芋が、厚い培土の中をくぐってまっすぐ地上へ。そう、萌芽です。
「ジャガイモの力」「自然の力」がよ〜くわかる瞬間です。

ほぼ同じタイミングで揃っているのは、種芋の管理が適切だった証拠です。さすがです。

地上までのこの土の厚さは、浅すぎても・深すぎてもいけません。土の湿り具合や、前後の天候を見極めることも大切です。
カルビーポテトのフィールドマンたちは、生産者の皆さんに、最適な植付深度や培土厚をお伝えし、一緒により良いジャガイモ作りに取り組んでいます。

これから、この緑色の芽が大きく育っていきます。
種芋の栄養(まだカタチが残っていますね)はもちろん、ここ北海道の大地の栄養、日光、水、空気を取り込んで、沢山のジャガイモを実らせます。

夕方、増地さんの畑で撮影していると、ちょうど増地さんにお会いできました。
「ちょうど良い天候で、今のところ順調だね!例年より1週間くらい早いんでないかな?」

今のところ、天気も作業も順調です!

カルビーポテト 担当Sより

○コメント一覧

  • 北海道も28度!暑いですね!
    根を張って芽が出てくるところを見たら、感動してしまいそうです。
    順調に育つのを楽しみにしています。 | 投稿者 | 

○コメントする

ニックネーム
本 文