大収穫祭賞品のじゃがいも活用にもぴったり!おしゃれで簡単じゃがいもレシピをお届けします!これまでにご紹介したレシピもあわせてご覧ください!

 

<材料> 2人分
・じゃがいも3個
 Ⓐ片栗粉…大さじ5
  水…50cc~100cc(練りながら調整する)
  塩…適量

・金時豆の煮豆 70g
・シュレッドチーズ 適量
・サラダ油、またはバター 適量
 

<作り方>
❶じゃがいもは皮をむき、一口大に切ってから耐熱皿に入れて軽くラップをかけ、600Wのレンジで5分加熱する。
 
❷押して簡単に潰れるくらい柔らかくなったら、マッシャーやフォークなどでしっかり潰し、Ⓐの材料を加えてさらによく混ぜ、耳たぶくらいの柔らかさになったら生地を2等分にしておく。


❸(金時豆入りの芋餅)半分の生地には、金時豆を加えて平たく丸める。


❹(チーズ入りの芋餅)もう半分の生地は、中にシュレッドチーズを包んで平たく丸める。



❺フライパンを強めの弱火にかけ、バターまたはサラダ油を入れてから3と4を両面こんがりするまでじっくりと焼く。

❻金時豆入りの芋餅には、お好みでみたらし餡*をかけて出来上がり。

*みたらし餡…砂糖と水大さじ1ずつ、みりんと醤油大さじ1/2ずつ、片栗粉を小さじ1を耐熱ボールに入れて、よく混ぜてから500wのレンジで20秒加熱し、よくかき混ぜてからさらに20秒加熱する。
 
———
~スタッフ試食レポ♪~
☝チーズが伸びて楽しいです♪
☝チーズとじゃがいもが合う!ビールにぴったり!
☝じゃがいもの潰し具合で食感が残るのでおいしいです。
☝みたらしはほんのりした甘みでよいです!
☝チーズ味、金時豆味のバリエーションが楽しい。
 
懐かしい気持ちになるおやつレシピ、ぜひお試しください!
皆さんのご感想、お待ちしております♪
 

~番外編~
小清水町の竹本さんのレポートでもご紹介した小清水町の郷土料理“でんぷんだんご”もアレンジしていただきました!
焼きたてがおいしい、やさしい味のおやつです♪ 詳しいレシピなどは【小清水町 でんぷんだんご】などでWEB検索してみてください!


 


●小野かずみ
広告やCMを中心に活動するフードコーディネーター、フードスタイリスト。
また、2011年の震災を機に、和歌山県熊野にて「こども民宿」を夏季限定で運営(現在休止中)。そんな活動の中で沢山の生産者の方々と出会い、本物の素材の美味しさを活かした料理が人気を呼んでいる。
https://www.instagram.com/kodomo.summer/

コメントを投稿する

ニックネーム
本文
アイコン設定