~熊本 宇城の畑より~ 鎌田さん親子に聞きました!

2021.04.16

↑ポーズのリクエストに応え、照れながらも肩を組んでくださいました

一番早いじゃがいもが成長中の九州。
その中で2021年は熊本県宇城市の契約農家 鎌田さんを取材させていただいています。
最初の取材時に、「この春高校卒業の息子が継いでくれた」とお話されていたので、お会いするのを楽しみにしていました!
~熊本 宇城の畑より~ 植え付け中!
 
ということで、鎌田健志さんの息子さん康聖さんにお話を伺いました!

———
-はじめまして!この春からお仕事はじめていると伺いました。
康聖さん:はい、農業高校を卒業して、すぐに父と一緒にやっています。
 

-農業に興味を持ったのはいつ頃ですか?
康聖さん:小学生の頃ですかね。父の畑についていって、もうその頃からじゃがいもの様子は見てたりしたんです。
 

-では、カルビーのじゃがいももご存知なんですね。うれしいです。
康聖さん:はい(笑)。
 

-実際、学校で教わったことは活きてますか?
康聖さん:あーあれはこのためのことかーと、気づくことがあります。これは実際こうだな、とか。じゃがいもも含めて家の作物は1年に1回の栽培と収穫なんで、20年やっても20回しかできないので、1回が貴重だなと思ってます。じゃがいもは3カ月で終わるのでなおさらです。
↑栽培についての経験を康聖さんに伝える父・健志さん。
 

-今年の手応えはいかがですか?
康聖さん:父やフィールドマンの宮本さんに相談しながらですが、今年はトラクターも運転して自分も植付からしたので、うまく育ってほしいです。今年は暖かいから、水を散布した方がよさそうです。少し葉っぱが縮んできているみたいで。でもイモは順調です。


 

-高校のお友達も農業の仕事に就かれているんですか?
康聖さん:はい、多いです。この辺は自分たちもそうですけど、家業を継ぐ人が多いです。こないだは玉ねぎ作っている友だちと意見交換しました。ポテトチップス持って遊びに行った程度ですが。
 

-これからもっとこうしたい、という点はありますか?
康聖さん:自分は“祖父ちゃんGPS”って言ってるんですけど、今この畑は祖父ちゃんの勘で畝を作ってるので、祖父ちゃんの体もたいへんだし、機械化とかしてもっとたくさん作りたいって思っています。

 

-この後、お米、そしてイ草も作られてるそうですね。
康聖さん:はい、ちょっと今はじゃがいもに集中してるので(笑)、、、。イ草は120cmぐらいまで成長したら刈って、干して畳の畳表まで編んで出荷です。お米もじゃがいもの後すぐです。
↑イ草の畑。土は水田のように水でぬかるんでいるそうです。

↑お二人の背中から、畑や農作業への愛情がひしひしと伝わります。

 
農業の後継者不足が叫ばれる中、子供の頃から農業に興味を持って父の後を継ぐ、まさに次世代の農業を担う康聖さん。
「コロナの影響がなければ、卒業記念に北海道に連れてってやろうと思ってたんですよ」と健志さん。その行先候補のひとつはカルビーの工場見学だったそうです。いつか、ぜひいらしてください!
 
———

次回は、収穫の様子を取材させていただく予定です!お楽しみに♪

コメント(1)

  • 投稿者 | マキバオーの姉
    鎌田さん親子じゃがいも・お米・いぐさ色々な作物を生産しているのですね。
    さまざまな食物を外国に依存している現在、安心出来る食物や製品を
    手に入れるために、農業にたずさわる人を増やすことが必要ですね。

コメントを投稿する

ニックネーム
本文
アイコン設定