商品開発
Pass the potato baton ロゴ

開発に携わって、33年目のバトン。

一個たりとも無駄にしない
  • カルビー株式会社
  • 遠藤英三郎

私たちがやるべき、
商品づくり。

「ア・ラ・ポテト」や「ピザポテト」、
そして「堅あげポテト」など数多くの
ヒット商品の開発に携わってきた遠藤さん。
生産者さんから届いたじゃがいもを、均一の品質を保ちながら、
よりおいしい商品を生み出すことについて伺ってきました。

遠藤英三郎さん インタビュー写真1

“生産者さんたちに関しては、ただただ感謝しかありません。後継者不足など、じゃがいもを作ることが難しい時代に、しっかりと良いものを作ってくださっている。私たちは、それを一個たりとも無駄にすることなく、良い商品を作らないといけないと思っています。”

“じゃがいもの旬や食感、そしてその良さをもう一度考えようと開発したのが1989年に発売した「ア・ラ・ポテト」でした。私たちが契約栽培をしていただいている立場として、やるべきだと思ったのです。それがお客様に喜んでいただけたとき、やり方が正しかったと感じました。そんな風にこれからも時代に合った新しい価値を、お客様にお届けしたいと思っています。”

※取材日(2018/06)現在

遠藤英三郎さん インタビュー写真2

story

カルビーのじゃがいもコミュニケーション カルビーのじゃがいもコミュニケーション
  • Calbee 大収穫祭2019 北海道のじゃがいも10万名様にプレゼント
  • じゃがいもDiary じゃがいも 丸ごと!プロフィール