2015年11月5日

「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰制度」
厚生労働大臣賞「特別奨励賞」を受賞
ワーク・ライフ・バランスの促進活動等が評価

 カルビー株式会社は、第一回となる厚生労働省主催の「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰制度(輝くテレワーク賞)」において、「テレワーク」の活用により従業員のワーク・ライフ・バランスの実現で顕著な成果をあげた企業として、厚生労働大臣賞「特別奨励賞」を受賞しました。

 今年度初めて開催される「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰制度(輝くテレワーク賞)」は、ワーク・ライフ・バランスの向上を目指す企業を表彰する新しい制度です。パソコンやインターネットといった情報通信技術を利用した「テレワーク」は場所に捉われることなく、育児・介護等と仕事の両立などワーク・ライフ・バランスの向上を推進することが可能な働き方です。この「テレワーク」のさらなる普及と推進のため、厚生労働省が今年度から新たに表彰制度を設けました。賞は、厚生労働大臣賞「優秀賞」 、厚生労働大臣賞「特別奨励賞」、厚生労働大臣賞「個人賞」の三つが設けられており、テレワークの導入に当たって、様々な工夫を凝らすなど、他の企業の模範となる取組を行う企業・団体や個人を表彰します。

 カルビーでは、2010年には、本社オフィスの移転に際し、本社全部門を対象としたフリーアドレスを導入しました。その後2011年に、営業職の直行直帰スタイルが定着し、モバイルワークが進みました。併せて働き方変革を推進し、2014年4月に在宅勤務を導入しました。
 ほかにも、「フレックスタイム制度」・「在宅勤務制度」・「早帰りデー」・「サマータイム」等の制度を通じて、ライフワークバランス(カルビーでは、ワーク・ライフ・バランスではなく、優先するべき「ライフ」を先に記載しております)を推進する様々な取り組みを行ってきました。カルビーでは、人財が活躍し続けることができる環境をこれからも創ります。

【当社のライフワークバランス関連の受賞】

タイトル 主催 受賞年 受賞対象・受賞理由
テレワーク推進賞
「奨励賞」
一般社団法人
日本テレワーク協会
2015
2014
情報通信技術(ICT)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方であるテレワークを広く社会に普及に貢献した企業として評価。

| toppageへ |