2016年8月3日

大好評につき、異例の再々発売!
福島県内で売り切れ続出の“幻の商品”が東京のアンテナショップに初登場!
社長のアイデアを商品化した 『ポテトチップス いかにんじん味』
2016年8月8日(月)より東日本エリア限定・数量限定で発売

ポテトチップス いかにんじん味

 カルビー株式会社は、本年5月9日(月)に東北6県を含む11県限定で発売し、大好評のため6月20日(月)に再発売した『ポテトチップス いかにんじん味』を2016年8月8日(月)から同販売地域にて数量限定で再々発売します。販売数量は過去最大となる約40万袋を予定しています。(売切れ次第終了)
 ※エリア内のスーパーマーケットなどの量販店と一部コンビニエンスストアのほか、福島県のアンテナショップ「日本橋ふくしま館」、カルビーのアンテナショップ「カルビープラス 東京駅店」でも限定販売します。

~発売経緯~
 『ポテトチップス いかにんじん味』は、福島県出身の伊藤秀二代表取締役社長兼COOのアイデアから生まれた、福島県の郷土料理「いかにんじん」の味わいを再現したポテトチップスです。福島市役所職員を対象に2回の試食を実施し、十数回の試作を経て商品化しました。
 本年5月の発売時には、福島県内で予定していた1ヶ月間の販売数量(約10万袋)をわずか1週間で売り切るほど好調な売れ行きを見せました。再発売となった6月販売時には、福島県を中心に約29万袋が販売され、発売週には第1回発売時の2倍近い数量を売り上げるなど、その勢いは衰えることを知りません。
 カルビーお客様相談室にも5月~7月末で約120件のお声が寄せられるなど、お客様の反響も大きく、地域限定商品としては異例の再々発売を決定しました。人の集まるお盆の時期に発売を設定し、家族や親戚一同で「福島の味」を楽しんでいただけることを期待しています。

【商品特長】

●『ポテトチップス いかにんじん味』は、福島県の郷土料理「いかにんじん」を再現した、いかのうま味と素朴な味わいが特長のポテトチップスです。いかパウダー、にんじんパウダーに加え、こんぶパウダーやかつおぶしエキスパウダーを使って、「だし」の風味をきかせています。一口食べると、福島県の家庭になじみ深い、なつかしい味が広がります。

【商品規格】

商品名 ポテトチップス いかにんじん味
内容量 55g(1袋当たり305kcal)
価格 オープン
発売日 2016年8月8日(月)
販売エリア 東北 (青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県)
関東 (茨城県・栃木県・群馬県・長野県・新潟県)
※東京都内の「日本橋ふくしま館」、「カルビープラス 東京駅店」でも限定販売します。

| toppageへ |