2016年11月14日

経営トップの発信力や、社外への「対話力」が評価
「IR優良企業賞」を受賞

 カルビー株式会社は、2016年(第21回)「IR優良企業賞」(主催:一般社団法人 日本IR協議会)を受賞しました。当社としては、初めての受賞になります。

【当社の選定理由】
 経営トップの情報発信力が極めて高く、自分の言葉で素直に語っている。トップは投資家と向き合う機会を定期的に設け、経営課題を含めて対話を実行している。IR部門も経営層の考えを十分に理解し、経営戦略についての有意義なディスカッションを続けている。施設見学会や事業説明会なども積極的に開催し、社外からのアクセスも良い。自社のコーポレートガバナンス・コードを策定し、わかりやすく表明する取り組みも高い評価を得ている。
(日本IR協議会のリリースから抜粋)

 当社は今後も、株主・投資家をはじめ全てのステークホルダーのみなさまから尊敬され、賞賛され、愛される企業になるために、公平かつ迅速な情報開示を行い、さらなる企業活動の充実に努めてまいります。

【IR優良企業賞とは】
 IR優良企業賞とは、IRの趣旨を深く理解し、積極的に取り組み、市場関係者の高い支持を得るなど優れた成果を上げた企業を1年に1回表彰することを目的とした賞です。審査委員は、アナリスト、投資家、大学教授、報道機関などの専門委員で構成されています。1996年から始まり、今年で21回目を迎えます。審査対象は、日本IR協議会の会員企業の中から株式を公開している企業で、2016年の応募企業は258社で、大賞2社、優良企業賞7社、特別賞3社、奨励賞2社が選ばれました。

 ※詳細は日本IR協議会ウェブサイトをご参照ください。http://www.jira.or.jp/


| toppageへ |