2017年7月7日

7月24日「テレワーク・デイ」に賛同
本社全従業員対象にモバイルワークを計画

テレワーク・デイ

 カルビー株式会社は、総務省や厚生労働省などが、東京都及び経済界と連携して展開する「テレワーク・デイ」に賛同しています。
 当社では、「テレワーク・デイ」の7月24日(月)に、丸の内本社(東京都千代田区丸の内)勤務の従業員は原則、自宅などで勤務するモバイルワーク(勤務場所や回数を制限しない働き方)を行うことを推進しています。

 総務省や厚生労働省などは、2020年の東京オリンピックにより首都圏で交通混雑が予想されることから、2017年から2020年までの毎年、開会式に相当する7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、テレワークを行うことを呼びかけています。当社は、この取り組みに賛同し、7月24日は通常は対象外である新入社員や契約社員を含めた丸の内本社勤務の全従業員(お客様対応部門など一部を除く約250人)を対象に、オフィスに出社せず、自宅などでモバイルワークを行うことを推進しています。
 また、東京都が実施する「時差BiZ」にも賛同し、期間中(2017年7月11日(火)~7月25日(火))はフレックスタイムやモバイルワークを活用して出社時間をずらす取り組みを推進していきます。

 当社ではこれまで、ダイバーシティ推進や従業員の健康維持増進への取り組みに加え、「フリーアドレス」「フレックスタイム制」「モバイルワーク」「早く帰るデー」等の制度を通じて、柔軟に効率よく仕事を進め、ライフワークバランスを推進する様々な取り組みを行ってきました。中でも、自宅などオフィス以外の場所で勤務する「モバイルワーク」を2017年4月から導入し、勤務場所や回数を制限しない働き方として男女ともに利用しています。


| toppageへ |