2020年3月2日

2021年4月~「全面禁煙」開始
就業時間内禁煙に加え、屋外を含む敷地内全面禁煙

 カルビー株式会社は、従業員の健康維持・増進を目的として、2021年4月1日(木)から、会社の敷地内では屋内外問わず禁煙とする「敷地内全面禁煙」とします。
 カルビーグループは、企業の成長には従業員とその家族の健康が不可欠との考えから、2016年より健康経営に本格的に着手し、食事や運動の生活習慣改善を含めた健康維持・増進活動に取り組んでいます。これまで、禁煙に関するさまざまな施策を実施してきましたが、健康経営を推進する企業として、より良い職場環境を目指してこのたび敷地内全面禁煙実施の運びとなりました。2021年3月期にカルビーグループ喫煙率24%にすることを目標に掲げています。

[禁煙に関するこれまでの施策]

●2017年3月期
・卒煙キャンペーン(卒煙成功可否にかかわらず、保険治療なら全額、自由診療なら最大20,000円の自己負担額を補助する禁煙外来治療支援)実施

●2018年3月期
・禁煙を健康経営の最優先課題とする「禁煙宣言」発表
・禁煙チャレンジ(一定期間において禁煙を継続した者に最大10,000円の費用補助)実施
・経営陣を含む卒煙者によるブログ発信
・禁煙挑戦中の従業員によるブログ発信

●2019年3月期
・2018年4月~就業時間内禁煙(休憩時間除く)開始
・自社の敷地内にあるたばこの自動販売機全撤去
・社長、執行役員による「健康」に関するブログ発信
・専用アプリを使って禁煙指導員の支援を継続的に受けられる禁煙支援プログラム費用補助(自己負担なし)
・スマートフォン、パソコンなどを使って医師と面談しながら禁煙を進めるオンライン禁煙外来費用補助(約50,000円補助)

●2020年3月期
・禁煙外来治療支援(禁煙成功可否にかかわらず、10,000円の費用補助)
・スマートフォン、パソコンなどを使って医師と面談しながら禁煙を進めるオンライン禁煙外来費用補助(10,000円補助)

 上記のほか、保健師による情報発信や、禁煙ポスター掲示、卒煙者による禁煙ブログの発信など、さまざまな情報提供を行っています。

 今後も、従業員の心と身体の健康づくりに戦略的に取り組み、全てのステークホルダーのみなさまから尊敬され、賞賛され、愛される企業になるためにさらなる企業活動の充実に努めてまいります。


ニュースのトップへ戻る