検索窓を閉じる

2022年2月18日

飢餓のない世界を目指す国連WFPの活動を支援
~品質向上を目的とした「A・A・O活動」を通じて寄付を実施~

  • 贈呈式

 カルビー株式会社は、2022年2月18日に「A・A・O(安全・安心・おいしい)活動」を通じて、国連WFPへ寄付を行いましたのでお知らせします。

 カルビーグループでは、2014年から毎年実施する「A・A・O活動」を、安全・安心・おいしい商品をお届けし続ける使命を全従業員で確認する機会と位置づけています。活動の期間中、社長、役員をはじめ国内外で働く従業員が、お客様の生の声を傾聴し、すべての事業のベースとなる「安全」を見極め、お客様の立場になって「安心」の原点に立ち返り、カルビーならではの価値である「おいしさ」をお届けする大切さを再認識します。

カルビー公式note「THE CALBEE」で「A・A・O活動」に関する記事を公開
https://note.calbee.jp/n/n1ab7bbee6056

 8回目を迎えた本年度は2021年10月1日~11月30日に実施し、5,000人を超える従業員が参加しました。本活動への参加人数に応じて寄付額が決まる仕組みにより、約105万円を国連WFPに寄付しました。

 国連WFPは、飢餓のない世界を目指して活動する国連の食料支援機関で、毎年80か国以上で約1億人に対して食料を届けています。カルビーは、国連WFPの趣旨に賛同し、2019年より国連WFP協会の評議員として、さまざまな支援を行っています。

 カルビーグループは、ライフラインをつなぐ食品企業として、安全で安心な商品の提供は最も重要な社会的責任であると考え、これからも品質管理の徹底と遵守を行うとともに、飢餓のない世界を目指し、誰もが人間らしく心豊かにくらせる社会づくりに貢献していきます。

- カルビーグループについて -

 カルビーグループは、「私たちは、自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしに貢献します。」を企業理念とし、長期ビジョン(2030ビジョン)「Next Calbee 掘りだそう、自然の力。食の未来をつくりだす。」を掲げています。企業活動を通して社会価値を提供し、持続的成長と持続可能な社会を実現することが私たちの使命です。カルビーグループは、環境・社会・経済を取り巻く中長期的な課題に対して、ステークホルダーとの共創によって向き合い、新たな価値を創造する「サステナブル経営」を実践していきます。


ニュースのトップへ戻る

ページ上部へ

ページ上部