検索窓を閉じる

2022年11月1日

カルビー×日清オイリオ×三友プラントサービス×道の駅みのりの郷東金(東金市)
業界横断で使用済みプラスチック容器回収実験開始
11月5日(土)~「道の駅 みのりの郷東金」に回収箱を設置

 カルビー株式会社、日清オイリオグループ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:久野 貴久)、三友プラントサービス株式会社(本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:小松 和史)の3社は、「道の駅 みのりの郷東金」(千葉県東金市)において、2022年11月5日(土)から12月4日(日)の期間に、使用済みプラスチック容器の回収実験を実施します。
 本取り組みは、株式会社アールプラスジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:横井 恒彦)に資本参加している3社による業界横断の取り組みです。また、回収場所となる「道の駅みのりの郷東金」は、東金市と三友プラントサービス株式会社による包括連携協定の拠点となっており、本取り組みは持続可能な循環型社会の実現と地域の活性化及び市民サービスの向上を図る活動の一環としても位置付けています。
 本取り組みを通じて、回収したプラスチック容器の品質・量を調査、株式会社アールプラスジャパンが開発中のリサイクル技術への適用を検討することにより、将来的なプラスチック容器資源循環の可能性を探り、循環型社会の実現に向けた取り組みを加速させてまいります。

- 実験の概要 -

■期間
2022年11月5日(土)~12月4日(日)東金マルシェ開店時間の9:00~18:00

■場所
道の駅 みのりの郷東金(東金マルシェ付近)
〒283-0005 千葉県東金市田間1300-3

■回収対象
プラスチックマークがついている
・菓子/シリアルの袋(ポテトチップス、「フルグラ」など)
・調味料のボトル(食用油、ドレッシング、マヨネーズなど)
※メーカーは問いません
※紙やクラフト包装紙を使用している容器は不可

■回収方法
<菓子/シリアルの袋>
・水ですすいで乾燥させたものを回収箱に投入

<調味料のボトル>
・食用油:古新聞などの上に一晩程度逆さにして置き、油を出し切った後、ボトルをつぶしてキャップを閉めて回収箱に投入
・ドレッシング・マヨネーズ:水ですすいだ後、ボトルをつぶしてキャップを閉めて回収箱に投入

●回収箱について
東京2020オリンピック・パラリンピックの選手村ビレッジプラザで使用した千葉県産木材を「木材リレー」として再活用した「資源回収箱」です。持続可能な社会の実現に向けた象徴として、東金市では東京2020オリンピック・パラリンピックのレガシーを引き継ぎ「道の駅 みのりの郷東金」 へ設置しています。

●ごみ分別(資源循環)アプリの活用
東金市が本年6月15日に導入したごみ分別アプリの「資源循環アクション」の機能を利用して、市民が回収箱へ投入する際にQRコードや写真を撮影することでポイントが付与される仕組みとなっています。

■詳細
https://www.sanyusoken.com/wp-content/uploads/2022/09/20220929_minorinosatotougane_purakaisyuguidance.pdf


- 回収の流れ -

- 参考 -

<カルビー>
・「プラスチック資源循環推進目標設定」
https://www.calbee.co.jp/newsrelease/200910.php

・「株式会社アールプラスジャパンへの資本参加」
https://www.calbee.co.jp/newsrelease/210215c.php

<日清オイリオグループ>
・「株式会社アールプラスジャパンへの資本参加」
https://rplusjapan.co.jp/assets/pdf/nisshinoillio_newsrelease.pdf

・「プラスチック問題の解決に向けた取り組み強化」
https://www.nisshin-oillio.com/company/news/down2.php?attach_id=1460&uid=8019

<三友プラントサービス>
・「株式会社アールプラスジャパンへの資本参加」
https://www.g-sanyu.co.jp/news/rplusjapan/assets
・「東金市との包括的連携」
https://www.g-sanyu.co.jp/news/togane_starbucks_comprehensive_collaboration


ニュースのトップへ戻る

ページ上部へ

ページ上部