検索窓を閉じる

2023年8月23日

カルビー 茨城県下妻市と新工場用地取得の予約契約を締結
関東エリアの生産体制強化

 カルビー株式会社は、茨城県下妻市に新工場を建設する計画を決め、2023年8月23日、一般財団法人下妻市開発公社と用地取得に係る予約契約を締結しました。新工場の敷地面積は、カルビーグループ国内最大規模の約190,000m、土地の投資額は約49.4億円です。

 新工場は、2029年3月期の操業開始を目指します。下妻工場(茨城県下妻市)の機能移管をはじめ、需要が拡大する「じゃがりこ」への対応など、関東エリアにおけるグループ全体の生産体制を再構築していきます。加えて、2025年3月期に稼働予定の、せとうち広島工場(広島県広島市佐伯区)とともに、国内地域間の需給バランス全般の最適化と効率的なサプライチェーンの実現を図ります。

 カルビーグループは、成長戦略「Change2025」にて、国内コア事業における次世代型工場の基盤構築を掲げています。アグリビジネスに深く関わる企業として、農業大国・茨城県にて、事業環境の変化に対応した強固な基盤を確立し、持続的な成長に向けた変革に踏み出してまいります。

- 新工場の概要 -

所在地 茨城県下妻市古沢
着工時期 2027年3月期(予定)
操業開始時期 2029年3月期(予定)
敷地面積 約190,000m
投資額 土地約49.4億円、建物・設備は未定
主な製造商品
じゃがりこ、Jagabee等を予定

- 下妻工場の概要 -

名称 下妻工場
所在地 茨城県下妻市半谷903
操業開始時期 1975年
敷地面積 14,255m
主な製造商品
じゃがりこ、Jagabee等

- 茨城県下妻市の新工場用地 -

- カルビーグループについて -

 1949年の創立以来、私たちは、自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしへの貢献を実践してきました。カルビーグループは、ライフラインをつなぐ食品企業として、サステナビリティを経営の根幹に据え、食を通じて社会課題を解決することで、新たな食の未来を創造します。


ニュースのトップへ戻る

ページ上部へ

ページ上部