2021年11月4日

カルビーと日本トイレ研究所の「朝ハロしよ!プロジェクト」5周年!
朝食に関する調査実施!小学生の保護者約4割が子どもの便秘に悩み
~食育イベント「朝ハロしよ!キッチン2021」を11月3日(水・祝)に開催~

  • 朝ハロしよ!キッチン2021

 カルビー株式会社とNPO法人日本トイレ研究所(所在地:東京都港区、代表理事:加藤 篤)は子どもの健康を応援するため「朝ハロしよ!プロジェクト」を立ち上げ、小学生向けの食育体験プログラムを展開しています。2021年11月3日(水・祝)には、この一環で、小学生の親子向け朝食づくりイベント「朝ハロしよ!キッチン2021」をオンラインで開催。参加した小学生と保護者19組が「フルグラ®」を使ったオリジナルレシピづくりを通じ、朝食の大切さを学びました。
 また、カルビーが同プロジェクト発足5周年に合わせて、朝食に関する調査を実施したところ、小学生の保護者の約4割が子どもの便秘を気にしていることがわかりました。カルビーはこうした結果を踏まえ、「食物繊維」がたっぷり入った「フルグラ®」を使い、朝食の重要性を一層発信していきます。

- 企画概要とこれまでの経緯 -

 「朝ハロしよ!プロジェクト」は、カルビーと日本トイレ研究所が子どもの健康を応援するため2016年に立ち上げた取り組みです。「子どものたのしい朝づくり」の体験学習を通じて朝ごはんの重要性を共有し、子どもの欠食をなくすと同時に生活習慣の改善を目指しています。
 活動の中心となるのが、子どもの楽しい朝づくりをテーマにした出張授業「朝ハロしよ!教室」です。「フルグラ®」を使って栄養素や生活サイクルを学ぶ45分間の授業で、2016年7月の初開催以降、小学校の先生方のご意見等を踏まえてプログラムを改良し、2020年からは全国で開催しています。昨年度は年間40校で開催し、本年度は80校で開催予定です。
 さらに、2020年8月には親子向け朝食づくりイベント「朝ハロしよ!キッチン」を初めてオンラインで開催。その際、大変好評だったため、今年も開催しました。今後は「朝ハロしよ!プロジェクト」や「朝ハロしよ!教室」の内容を伝える動画を制作するなど、より多くの子どもたちに参加いただけるように努めていきます。
「朝ハロしよ!プロジェクト」の詳細:https://www.calbee.co.jp/asaharoshiyo/


- 朝食に関する調査 -

 カルビーは「朝ハロしよ!プロジェクト」の発足5周年に合わせ、小学生の保護者(30~40代女性)を対象に朝食に関する調査を実施しました。調査と結果の概要は下記の通りです。

■調査概要
内容:朝食に関する調査
調査対象:カルビー公式LINEアカウントユーザーの中で小学生の子どもと同居している30~40代女性
調査方法:インターネット調査
期間:2021年9月28日~10月10日
有効回答:123件(一部質問については122件)

■結果の概要
・約4割の方が子どもの朝食に不満(不満、やや不満)を感じており、栄養バランスを考えた朝食を準備したいが、朝の時間がない中での両立やレシピのマンネリ化に悩むといった切実な声が多かった。
・子どもの健康面で気にしていることとしては、「便秘」が約4割を占めた。
・栄養素別の摂取状況としては「鉄分」や「食物繊維」を摂取しづらいとする回答が多かった。

■各項目の結果について

Q:お子様の食生活全般について満足度を教えてください。(n=123)


Q:お子様の健康面で気にされていることはありますか。(複数回答、n=122)


Q:朝食に求める点を教えてください。(複数回答、n=123)


Q:ご家族の日々の朝食をご準備される際、不便だと感じること・困っていることはありますか(複数回答、n=123)


Q:以下の栄養について、お子様の摂取状況をどのようにお考えですか。(5つの栄養素に対してそれぞれ選択、複数回答、n=123)


Q:以下の栄養について、お子様の摂取のしやすさはどのようにお考えですか。(5つの栄養素に対してそれぞれ選択、複数回答、n=123)


<フリーアンサーの質問>

Q:お子様の朝食について意識していること、お困りごと等を、ご自由にお書きください。
~回答を一部抜粋~
・「朝はしっかり食べて欲しいが、簡単に作れるものになってしまい、栄養が偏っていないか心配です」
・「子どもは、好き嫌いもあるので同じものばかり食べています。食べるのに時間がかかりすぎてしまうので困っています」
・「野菜を用意するのも朝は忙しくて大変。用意しても残されやすいので、やる気がそがれる」

Q:お子様の栄養面・健康面でご心配なことはありますか。
~回答を一部抜粋~
・「好き嫌いが多いので栄養がかたよっていないか心配」
・「とにかくバランスよく食べさせることが難しい」
・「栄養が足りているのか心配。お菓子とアイスは食べるので、そういうもので栄養がとれるものはないかと、いつも思う」


ニュースのトップへ戻る