2021年6月8日

各務原工場の全電力をCOフリーに
~再生可能エネルギーでポテトチップスを生産~

 カルビー株式会社は、各務原工場(岐阜県各務原市)の全使用電力を、2021年4月1日をもって、中部電力ミライズ株式会社が提供するCOフリーメニューに切り替えたことをお知らせします。

 今回の電力購入契約は、発電時にCOを排出しない水力・太陽光の再生可能エネルギー電源に由来するCOフリー価値付きのメニューとなります。この切り替えによって各務原工場では、『ポテトチップス』や『じゃがりこ』といった主力ブランドをはじめとする全商品の生産プロセスで、電気使用においてCOフリーが実現します。

 カルビーグループは、2019年5月に策定した中期経営計画で、2030年までの温室効果ガス総排出量30%削減(2019年3月期比)を非財務指標として打ち出しています。これまでも一部の工場や事業所において、クレジットによる「カーボンオフセット電力」や従来型の非化石証書を付帯した電力を購入してきました。カルビーグループは、さらなる省エネを進めるとともに、ゼロエミッション価値を顕在化させた「COフリー電力」の導入によって、温室効果ガス排出削減と再生可能エネルギーの拡大にも貢献してまいります。


直近の温室効果ガス削減に関わるプレスリリース:
2工場を含む関東地区5事業所の電力を温室効果ガス排出ゼロへ~「カーボンオフセット電力」への全量切り替え~ https://www.calbee.co.jp/newsrelease/200304.php
CO排出量削減に向けて商品のパッケージサイズ変更 https://www.calbee.co.jp/newsrelease/200916.php 

 カルビーグループは、「私たちは、自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしに貢献します。」を企業理念とし、長期ビジョン(2030ビジョン)「Next Calbee 掘りだそう、自然の力。食の未来をつくりだす。」を掲げています。企業活動を通して社会価値を提供し、持続的成長と持続可能な社会を実現することが私たちの使命です。カルビーグループは、環境・社会・経済を取り巻く中長期的な課題に対して、ステークホルダーとの共創によって向き合い、新たな価値を創造する「サステナブル経営」を実践していきます。https://www.calbee.co.jp/


ニュースのトップへ戻る