トップメッセージ

カルビー代表取締役社長 兼 CEO 伊藤秀二

事業環境の変化に向き合い、
「食の未来」に向けた変革と挑戦を進める

カルビーグループは、「自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしに 貢献します。」という企業理念の下、時代とともに変化する消費者のニーズに応えた商品を開発し、新たな食の価値を創造してきました。また、この約10年の間では、国内事業の収益拡大と海外事業の本格化により、大きく事業の成長を遂げてきました。企業理念を実践し続け、ここから先も持続的に成長していくためには、国内既存事業基盤の変革に加えて、グローバル市場での収益基盤を確立することや新たな食領域への挑戦など新しい成長の芽を育てていく必要があります。また、SDGsに表される持続可能な社会の実現のためには、私たち企業が社会課題の解決と事業活動を両立していくことが求められ、そのことが企業のイノベーションの創出にもつながると考えています。

長期ビジョン(2030ビジョン)「Next Calbee 掘りだそう、自然の力。食の未来をつくりだす。」を掲げ、多様化する顧客ニーズを掘り起こし、新たな価値を提供し続けることで、海外事業における成長の加速や新たな食領域への事業拡張に挑戦します。また、同時に、ステークホルダーとの共創による社会課題の解決や、健全な社会・地球環境を次世代に継承するための取組みによって、持続可能な社会の実現にも貢献していきます。 カルビー代表取締役社長 兼 CEO 伊藤秀二

2030ビジョン

Next Calbee