沿革

創業期
1949-1974

1949
創立

前身となる松尾糧食工業(株)を設立。

1955
カルビー製菓(株)に社名変更

人々の健康に役立つ商品づくりを目指して、カルシウ
ムの「カル」とビタミンB1の「ビー」を組み合わせて
「カルビー」を社名とした。

当時の写真
当時の人気商品「カルビーキャラメル」
宣伝販売用スクーター
かっぱあられ発売 パッケージ画像
1964
かっぱえびせん発売 パッケージ画像
1966
海外への輸出開始

「かっぱえびせん」を東南アジア・ハワイへ輸出開始、翌67年には北米へ輸出開始。

当時の写真
「かっぱえびせん」のニューヨーク出展で
アメリカに向かった創業者の松尾孝(中央)
1968
国内生産拠点の拡大

宇都宮工場(栃木県)の操業を開始する。翌69年には千歳工場(北海道、現:北海道工場)の操業も開始し、国内の生産拠点を拡大。

1970
北米で子会社設立

北米におけるスナック菓子市場規模に着目し、
カルビー初となる海外拠点を設立。

当時の写真
1972
サッポロポテト発売 パッケージ画像
1973
本社を東京に移転、
社名をカルビー(株)に変更

全国規模への市場開拓を狙い、本社を東京に移転。
社名をカルビー(株)に変更。

当時の写真

成長期
1975-2009

1975
ポテトチップス発売パッケージ画像
1980
カルビーポテト(株)設立

原料馬鈴しょを管理するグループ会社として設立。
農家と栽培契約を結ぶという、日本の新しい農業
スタイルの確立にも尽力。

当時の写真
1983
アルミ蒸着フィルム採用

商品の鮮度を保つために、パッケージに業界初となるアルミ蒸着フィルムを採用。

1988
シリアル事業に参入

グラノーラ、コーンフレークを発売し、シリアル市場に参入。
スナック菓子に次ぐ新たな事業の確立を目指す。

1990
物流基盤の強化

貨物運送業・倉庫業のスナックフード・サービス(株)(現:カルビーロジスティクス(株))を設立。
サプライチェーン全体での物流改革に取り組む。

1991
フルグラ発売
(発売当時はフルーツグラノーラ)
パッケージ画像
1994
アジアで勢力拡大

1980年にタイに設立したCalbeeTanawat Co., Ltd.に続き、香港にCalbee Four Seas Co., Ltd. を設立。

1995
じゃがりこ発売 パッケージ画像
2002
馬鈴しょ畑のIT管理を開始

日照時間や風量、気温、湿度、土の中の水分量などを計測するウェザーステーションを導入。
データを解析して契約農家にフィードバックし、原料の品質向上、安定供給につなげた。

2004
研究開発環境の整備

栃木県宇都宮市に研究開発の拠点としてR&DDEセンター(現:R&Dセンター)を設立。

2006
Jagabee発売 パッケージ画像
2009
ペプシコとの業務・資本提携

アメリカの食品大手であるペプシコとの業務・
資本提携を締結。ジャパンフリトレー(株)を
子会社化。

当時の写真

改革期
2010-

2011
東証一部上場

3月11日、東証一部上場を果たす。

当時の写真

海外展開を本格化

この年に韓国で合弁会社を設立したのを皮切りに、2013年にインドネシア(合弁)、2014年に英国(独資)と次々に海外拠点を設立。

2013
Harvest Snaps発売 パッケージ画像
2015
海外における販路拡大

中華圏でのカルビーブランド認知向上を目的としてCalbee E-commerce Limitedを設立。
Eコマースでの販売を積極的に展開。

2016
ポテトチップスクリスプ発売 パッケージ画像