沿革

※商品の名称は発売当時のものです

1949 ‐ 1969

1949カルビーキャラメル
パッケージ画像
当時の主力事業であった飴・キャラメル事業から生まれた人気商品
1955かっぱあられ
パッケージ画像
小麦粉からあられを作ることに成功し、「かっぱあられ」と名付け発売。シンボルキャラクターとして清水崑画伯のかっぱのデザインを採用
1964かっぱえびせん
パッケージ画像
生のえびを小麦生地に練りこんだ画期的スナックが誕生。全国で大ヒットとなる

1970 ‐ 1979

1971仮面ライダースナック(カード付)
Ⓒ石森プロ・東映
パッケージ画像
TV番組の人気との相乗効果でカード集めが大ブームを巻き起こし、社会現象となる
1972サッポロポテト
パッケージ画像
カルビーがじゃがいもを使った最初の商品として発売。じゃがいもの産地、北海道でよく知られている都市名「サッポロ」を商品名に採用
1973プロ野球スナック(カード付)
パッケージ画像
仮面ライダースナックのカード人気を引き継いで発売。記念すべきNo.1カードは長嶋茂雄氏
1974サッポロポテト バーベQあじ
パッケージ画像
バ-ベキュ-は、本場米国では「BBQ」。そこで「バ-ベQ」のQだけアルファベットとし、特徴があって覚えやすい商品名にした
1975ポテトチップス
パッケージ画像
ポテトチップス発売で本格的にじゃがいも事業を開始。「100円でカルビーポテトチップスは買えますが・・・」のCMが大好評
1976ポテトチップス のり塩
パッケージ画像
ポテトチップスブランド初の味替わり商品として「のり塩」を発売
1978ポテトチップス コンソメパンチ
パッケージ画像
「パンチがきいている」は、当時の流行語で「元気がよい」とか「勢いがある」という意味。強く印象に残る商品名で長くお客様に愛される商品に育てたいとの想いから「コンソメパンチ」と名付けた
1978チーズビット
パッケージ画像
コーンとチーズの旨味がほどよく合い、全国で人気を博す。小さく可愛らしいアーモンド型の生地は発売当初から現在に至るまで幅広いお客様に親しまれている

1980 ‐ 1989

1981おさつスナック
パッケージ画像
どの世代にも人気があるさつまいもを原料とし、ふんわり軽い食感のスナックが誕生
1984グリーンスナック
パッケージ画像
発売当時は、だいこんの葉・たまねぎ・かぼちゃ・ピーマンなどを使用。現在はお子様に楽しく野菜を召し上がっていただくため、3色のハート型スナックになっている
1988グラノーラコーンフレーク
パッケージ画像
アメリカの一般家庭に主食として定着していたシリアルに着目。「日本人の味覚に合うシリアルを作りたい」と研究を積み重ね、カルビーのシリアルが誕生
1989ア・ラ・ポテト うす塩
パッケージ画像
北海道産じゃがいものみで作るこだわりのポテトチップスとして発売。いまでは秋冬の定番商品として定着
1989焼きもろこし
パッケージ画像
コーングリッツ(とうもろこしを粉砕したもの)を主原料に、カルビーとして初めて加圧押出し成型機を使った商品
1989ブラウンシュガー
パッケージ画像
当時、日本のシリアル市場で主力商品だったコーンフレークのシュガータイプを発売。砂糖にこだわり、風味豊かなブラウンシュガーを採用

1990 ‐ 1999

1991フルーツグラノーラ
パッケージ画像
日々仕事で活躍する女性たちの健康をサポートするシリアルを目指し、フルーツグラノーラが生まれる。※2011年「フルグラ」に名称変更
1992トッピンチョコ
パッケージ画像
手軽に、朝食に必要な栄養を摂取できる食品として、お子様にもご愛用いただけるよう、親しみやすいパッケージで発売
1992ピザポテト
パッケージ画像
揚げたてのポテトチップスにトッピングしたチーズがとろ~り溶ける独自の製法で大好評となった
1992Jリーグチップス(カード付)
パッケージ画像
1993年5月のJリーグ開幕を機に「サッカーチップス」を改称し、「Jリーグチップス」を発売。マスコットキャラクターをデザインしたパッケージは大人気となった
1993さやえんどう あっさり和風味
パッケージ画像
さやえんどうのポコポコした形を再現した豆スナック。パッケ-ジのキャラクタ-はCMにも登場し、人気者となった
1993堅あげポテト
パッケージ画像
伝統的な釜揚げ製法でじっくり揚げたポテトチップス。当時は北海道、東北エリアのみで地域限定発売された
1993夏ポテト
うすしお
夏ポテト
うめ風味
パッケージ画像
その年の夏にとれる新じゃがのみで作るポテトチップス。いまでは夏の定番商品として定着
1994チョコパフィ
パッケージ画像
お子様たちに人気のピーナッツキャラクターのパッケージで発売
1995じゃがりこ サラダ
パッケージ画像
ふかしたじゃがいもをフライする独自の製法で、はじめカリッとあとからサクサクという独特な食感の商品が誕生。カップ入りスナックの草分け的存在
1998
ギザギザポテト
うすしお味
ギザギザポテト
チキンコンソメ
パッケージ画像
ざっくりとした厚切りカットが食べ応え満点のポテトチップス

2000 ‐ 2009

2001さつまりこ
パッケージ画像
秋の風物詩である、ホクホク甘い石焼きイモ、そのさつまいものおいしさを “じゃがりこ” 独自の製法で再現
2003じゃがポックル
パッケージ画像
厳選された北海道産のじゃがいも、オホーツク海の塩など、原料にこだわったお土産品。商品名はアイヌ民族に伝わる伝説の妖精「コロポックル」に由来
20031才からのかっぱえびせん
パッケージ画像
味付けを薄くし、油を一切使用しないかっぱえびせん。「小さい子どもにも安心して食べさせられるかっぱえびせんがほしい」というお母様たちの声から生まれた商品
2006Jagabee うす塩味
パッケージ画像
皮付きポテトを丸ごとカットした、これまでにない食感のスナック。じゃがいも本来の味を活かすシンプルな塩味が特徴
2006ポテリッチ
パッケージ画像
しっかりとした味付けで、ちょっぴり濃い目に仕上げたポテトチップス。ゴールドを基調とした、シンプルでリッチ感漂うパッケージで発売
2006かっぱえびせん匠海
パッケージ画像
瀬戸内海産天然えびを100%使用。通常のかっぱえびせんの約6倍の量のえびを練りこませ、一枚一枚丁寧に作り上げたこだわりの逸品

2010 ‐ 2019

2010

ベジップス
玉ねぎ かぼちゃ じゃがいも
ベジップス
さつまいもとかぼちゃ

2010ポテチチップス 贅沢ショコラ
パッケージ画像
ポテトチップスに、チョコレートをトッピングした贅沢な味わい
2010うま辛ポテト ヒ~ハー!!
パッケージ画像
ピリッと後ひくうま辛ポテト、「ヒ~ハー」シリーズ登場
2013オリービー
パッケージ画像
オリーブオイルだけで揚げた贅沢なポテトチップス
2014カラビー
パッケージ画像
おいしさと辛さがベストバランスな味付けのポテトチップス
2014グランカルビー
しお味
グランカルビー
濃厚バター味
パッケージ画像
一般的なポテトチップスの約3倍の厚さで、じゃがいものおいしさを最大限に引き出したポテトクリスプ。阪急うめだ本店で販売
2014カルビーライト!
ポテトチップス
うすしお味
カルビーライト!
かっぱえびせん
パッケージ画像
いつものおいしさそのままに、油分を25%カットした商品シリーズ
2016
ポテトチップス
クリスプ
うすしお味
ポテトチップス
クリスプ
コンソメパンチ
パッケージ画像
パリッと食感をどこでも楽しめる、カルビーの成形ポテトチップス。筒形の容器に入っているので持ち運びに便利
2018miino(ミーノ)
パッケージ画像
ファスナー付きパッケージで好きなときに好きなだけ食べられる、個食ニーズに対応した商品
2018
とうもりこ えだまりこ
パッケージ画像
「じゃがりこ」ブランドから、主原料にとうもろこし、えだまめを使用した新素材スナックが登場