研究成果
(学会発表・研究論文)

  • 学会発表

シリアル製品の主原料であるロールドオーツにβ-(1→3),(1→4)-グルカンおよびフェルラ酸の存在を確認
「ロールドオーツに含まれるβ-グルカンおよび結合型フェノール含量」
日本食品科学工学会2007年度大会においてオイシア株式会社とカルビー株式会社
基礎研究チームが共同で発表
2007.09.08

背景

ロールドオーツとは、オーツ麦(和名:燕麦)の外皮をむいたものを加熱し、ロールにて押しつぶした加工品で、より原穀に近い形を持つのが特徴であり、シリアル製品の主原料となっています。
オーツ麦には、血中コレステロール低下作用や血糖値低下作用などの機能についてβ-(1→3),(1→4)-グルカン(本文中ではβ-グルカン)が、さらに抗酸化活性や血圧低下作用には結合型フェノール(フェルラ酸など)の関与が報告されていることから、ロールドオーツもまた、多くの機能が期待できる加工品であると思われます。

目的

多くの研究は、オーツ麦全粒粉を対象としており、ロールドオーツについての報告は十分ではありません。そこで、オイシア株式会社とカルビー株式会社R&DDEセンター基礎研究チームでは、ロールドオーツ中の機能性成分であるβ-グルカンおよび結合型フェノール類についても検討しました。さらに、ロールドオーツを主原料としたシリアル製品のβ-グルカンおよび結合型フェノール類についても検討しました。

研究内容

ロールドオーツおよびロールドオーツを主原料としたシリアル製品を粉砕後、80%エタノールで処理し、得られたアルコール不溶性画分を試料としました。β-グルカン含量は、メガザイム社の分析キットを使用して測定し、結合型フェノールはHPLCにより分析しました。
図1.加工日の異なるロールドオーツにおけるβ-グルカン含量
図2.シリアル製品におけるβ-グルカン含量
図3.シリアル製品における結合型フェノール含量

まとめ

[ 1 ]  Skendi ら(2003)は、オーツ麦には 3-7%のβ-(1→3),(1→4)-グルカンが含まれることを報告していますが、本実験で用いたロールドオーツでは、加圧圧延処理の前後で顕著な差異は無く、また、加工日に関わらず100g当たり約4.0g のβ- (1→3),(1→4)-グルカンが含まれていました(図1)。
[ 2 ]  ロールドオーツには、抗酸化成分となりうるフェノール類(フェルラ酸および p-クマル酸)が存在し、それぞれ100g当たり約27.0mgおよび約3.5mg含まれていました。
[ 3 ]  ロールドオーツを主原料としたシリアル製品においても、β-グルカン、フェルラ酸および p-クマル酸の存在が確認されました(図2および図3)。
[ 4 ]  以上のことから、ロールドオーツ並びにそれを主原料としたシリアル製品は、β-グルカンおよびフェノール類(フェルラ酸および p-クマル酸)の機能性が期待できる加工食品であると考えられます。
参考文献
Skendi, A., Biliaderis, C.G., Lazaridou, A., Izydorczyk, M.S., 2003. Structure and rheological properties of water soluble β-glucan from oat cultivars of Avena sativa and Avena bysantina.
Journal of Cereal Science 38, 15-31.

学会発表のトップへ戻る