トップメッセージ

代表取締役社長 兼 CEO

カルビーグループ長期ビジョン(2030ビジョン)
Next Calbee 掘りだそう、自然の力。食の未来をつくりだす。

1949年に広島で創立した当社は、2019年に70周年を迎えました。節目にあたり、これまで支えてくださいました皆さまのご支援、ご厚情に改めまして心より深く感謝申し上げます。

当社グループは2009年より「イノベーション」と「コスト・リダクション」を経営の二本柱として成長を続けて参りました。さらに直近では、当社を取り巻く環境は大きく変化し、今後も持続的な成長を続けていくために、改めて中長期的な視点でビジネスを進めていく必要があると考えておりました。

そこで、今回2030年の目指す姿として「カルビーグループ長期ビジョン(2030ビジョン)」を作成いたしました。

代表取締役社長 兼 CEO

私たちはスナックとフルグラ®のカルビーグループから、食の未来をつくりだし、すべてのステークホルダーの皆さまの期待を超える企業になりたいと考えております。そして、2030年には海外売上高比率40%超、新規食領域の売上高比率20%超えを目指します。

2030ビジョンの達成に向け、2024年3月期までの5年間の中期経営計画を策定しました。創業時からの企業理念・コーポレートメッセージ・グループビジョンを私たちの価値観とし、事業環境の変化に対応した基盤作りを通して、変革と挑戦による持続的成長を実現します。

中期経営計画においては重点課題を6つと定めました。「国内既存事業における新たな価値創出と高収益の実現」「海外重点4地域での収益基盤の確立」「新たな食領域での事業確立」の3つを事業戦略として進め、「経営基盤」「社会共創」「ペプシコ社との連携」の3つを事業戦略推進の基盤として強化して参ります。

新生カルビーグループを目指し経営を進めて参ります。
皆さまからの暖かく厳しいご支援を、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


代表取締役社長 兼 CEO 伊藤 秀二

会社情報TOPへ

▲ ページトップへ