フードコミュニケーション

カルビーが創立した70年前、まだ日本は戦後の復興の中にあり人々は栄養が不足した状態でした。安価で栄養のある食品を提供することで人々の役にたちたいという創業の精神は、カルビーの原点です。この想いを直接お伝えする機会を「フードコミュニケーション」と位置づけ、今後さらに拡大、進化させていきたいと考えています。

おもな活動

カルビー・スナックスクール

「人々の健やかなくらしに貢献する」ことを目的に、身近なおやつを通して食の正しい知識や楽しさを伝えるフードコミュニケーション活動を全国各地で行っています。「カルビー・スナックスクール」は子どもたちに正しい食習慣と自己管理能力を培ってもらうことを目的に2003年に開始しました。2019年3月期には、計707校、児童・保護者52,274名にご参加いただきました。

カルビー・スナックスクール概要
  • 対象:小学校3~6年生
  • テーマ:「おやつの楽しい食べ方」
  • 内容:
    1. おやつの量について(はかって!くらべて!おやつの量ゲーム)
    2. おやつの時間について
    3. DVD鑑賞(ポテトチップスが届くまで)
    4. パッケージ表示の見方について
    5. グループごとのオプションゲーム

工場見学

カルビーグループでは積極的に工場見学を受け入れています。品質管理や安全管理の現場を見ていただくことによって、食を担う責任としての取り組みを理解していただけるものと考えています。2019年3月期は16,399名の方に見学していただきました。

見学実施工場

北海道工場(北海道)
ポテトチップス、じゃがポックル製造工場

住所 〒066-8567
北海道千歳市北信濃779-4
電車 JR千歳駅よりタクシーにて5分
道央自動車道千歳インター下車
道道258号早来千歳(中央通り)
札幌方面へ10分
駐車場 バス2台 乗用車8台

詳しくはこちら

清原工場(栃木県宇都宮市)
シリアル、スナック製造工場

住所 〒321-3231
栃木県宇都宮市清原工業団地 23-7
電車 JR宇都宮駅よりタクシーにて25分
上三川(かみのかわ)インター下車
新国道4号線福島方面へ約15キロ
駐車場 バス4台 乗用車10台

詳しくはこちら

サステナビリティトップへ

  • カルビーフードコミュニケーション~カルビーの食育~
  • 復興支援 『みちのく未来基金』