バリューチェーンにおけるサステナビリティ

カルビーグループは、原料である自然素材の開拓から手掛け、常に高い品質の商品をお届けするという独自のバリューチェーンを構築しています。これからも社会課題や環境の変化を捉えて、バリューチェーンにおけるサステナビリティを推進することで、社会価値と経済価値を創出していきます。

カルビーグループのバリューチェーン

バリューチェーン(事業活動)

商品企画・開発

消費者の食ニーズの多様化を捉えた新価値商品を創出する

社会課題

  • 健康維持・増進
  • ライフスタイル変化への対応
  • 食ニーズの多様化への対応

対応するマテリアリティ

健やかさと多様なライフスタイルへの貢献

培った強み

  • 売上高100億円を超える複数の商品ブランド
  • 原料開発から商品化までを一貫して行う研究開発体制
  • お客様の安全・安心のためのアクリルアミド濃度の低減に対する研究・取り組み

調達

生産者と一体で農業の維持・活性化と新事業領域に挑戦する

社会課題

  • 農業の持続可能性向上
  • 安定的な原料調達

対応するマテリアリティ

農業の持続可能性向上

原料調達・物流の効率化と安定的な確保

培った強み

  • 病害虫に強い独自の馬鈴しょ新品種の開発・育種
  • 先端栽培技術の導入による栽培・収穫のサポート
  • 全国のフィールドマン(馬鈴しょのスペシャリスト)が契約農家との強固な関係を構築
  • 国内最大規模の貯蔵庫を使用した馬鈴しょ管理

生産・物流

未来を見据えた次世代型サプライチェーンへの転換を図る

社会課題

  • サプライチェーンマネジメント(SCM)の効率化と物流の安定的な確保
  • 脱炭素社会の実現
  • 資源循環の推進
  • 環境汚染防止・環境配慮
  • 生態系保全

対応するマテリアリティ

原料調達・物流の効率化と安定的な確保

地球環境への配慮

培った強み

生産
  • 五感(見た目、風味、香り、食感等)に訴える商品を生み出す加工技術
  • 商品のバリエーションを生み出すための加工・調味技術
  • 季節、品種によって異なる自然素材に合わせた加工技術
物流
  • 積載効率・作業者負荷軽減などの生産性を考慮した物流
  • 提案型物流による取引先との最適物流
  • 鮮度の高い商品を届ける定時定点配送

営業・販売

消費者起点で市場を捉えるため取引先・お客様とのつながりを深化させる

対応するマテリアリティ

人・地域社会・コミュニティとのつながりの深化

培った強み

営業・販売
  • 国内トップシェアメーカーとしての売り場への高い提案力
  • 革新的な流通制度への取り組み
  • 新鮮な商品を消費者にお届けするための表示(賞味期限の延長、および「年月」表示への切り替え)
お客様からのフィードバック
  • お客様との積極的なコミュニケーション
  • お客様の声を商品開発や品質改善等のバリューチェーンに活かす仕組み

サステナビリティを支える基盤

品質保証

社会課題

  • 食の安全・安心の確保
  • 消費者課題の解決

対応するマテリアリティ

食の安全・安心の確保

人財

社会課題

  • 多様な人財の活躍・育成
  • 労働環境の整備
  • 健康維持・増進
  • 人権の尊重

対応するマテリアリティ

多様性を尊重した全員活躍の推進

コーポレート・ガバナンス

社会課題

  • 適正なガバナンス体制の構築
  • 公正な事業慣行
  • 事業継続性の強化(BCP)
  • 人権の尊重
  • 情報セキュリティの確保

対応するマテリアリティ

コーポレート・ガバナンスの強化