多様性を尊重した全員活躍の推進

人財

カルビーグループでは、従業員一人ひとりが能力を十分に発揮し、組織の活性化とイノベーションの創出につなげることで企業の持続的成長を目指しています。多様性を活かした全員活躍の推進や、事業環境の変化スピードに対応することで新しい価値を創造するチャレンジングマインドを有する人財の輩出、組織づくりに取り組んでいます。

人財方針:Calbee HR Value

全員活躍

  • 多様性を活かしながら、全てのメンバーが活躍する仕組みづくり、チーム作りをします。(活躍=個々が強みを活かすこと)
  • 全員が活躍し、チャレンジするための「心理的に安全な職場」を増やします。

Growth Mindset

  • 人財の可能性を信じ「全ての人の才能や能力は、経験や努力によって向上できる」というマインドセットで人財と向きあいます。

超える人財・つなぐ人財

  • 昨日の自分、古いルール、組織の壁、思い込みや能力の限界、そして何よりお客様の期待を「超える」ことで、カルビーの未来を作る人財を育てます。
  • 人と人、チームとチーム、お客様同士、いい仕事とお取引先様、現在と未来を、おいしさと楽しさで「つなぐ」ことで新しい価値を生みだす人財を育てます。

Happiness & Well-Being

  • カルビー社員はもちろん、その家族やお客様、お取引先、カルビーに関わる全ての人が“Happy” & “心身及び社会的に健康” であることを目指します。

全員が活躍するための仕組み

従業員一人ひとりにチャレンジする機会を提供するとともに、成果に対する公正な評価・報酬の制度を実施するなど、全ての従業員がそれぞれのライフとワークの価値観を尊重しながら活躍する職場を目指した施策を実施しています。

キャリア形成

キャリアオーナーシップ
の醸成
従業員一人ひとりが自身の成長のため、キャリア形成を中期的視点で自立的に前向きに考えるための施策、環境を整備
  • 自己申告制度:個人の異動可能な範囲や配慮事項を会社に伝える機会を設ける
  • 社内公募:広く社内に人財を求める
  • 仕事チャレンジ:自らの希望する職種・部署に挑戦する
  • 社員チャレンジ:正社員への登用機会を設ける
中長期視点での
ローテーション
多様な経験を持つ人財を育成するため、部門横断的なローテーションを計画的に実施
人財育成プログラム 階層別 初動教育
  • 業務に必要な基礎知識・マインドの学習や、実習を通じた経験から必要スキルをに身につける
  • 自立成長型人財としてキャリアデザインの仕方を学ぶ
役職者候補
  • 役職者任用前にビジネススキルやマネジメントスキルの基礎を習得する
  • 役職者に必要な能力要件に対する評価を受け、自身の立ち位置を知る
役職者
  • 役職者に求められる役割・スキル・知識を深める
  • 360度評価、カルビーメンバーシップサーベイと連動した定期的なフォローアップ機会を提供する
  • 新任役職者を中心として、メンターとの対話による成長支援を行う
全階層共通
  • コンプライアンスやビジネスに必要なスキル・知識や考え方の理解促進・研鑚の機会を提供する
  • 自己啓発として各従業員が選択したスキル・知識習得を支援する
目的別 海外人財
  • 海外での事業遂行に必要なスキル・知識・経験を深める
次世代リーダー人財
  • 中期経営計画実現や次世代をリードするビジネスリーダーを育成する
ダイバーシティ&インクルージョン
  • 多様性を尊重しながら、キャリアを描き、違いをチカラに変えられる人財を育成する
キャリア支援
  • キャリアの視野を広げ、自立的なキャリアを描き、実現することを支援する

評価・表彰

コミットメント&
アカウンタビリティ
期初に全役員、全従業員が目標設定と、その成果を約束し、その成果をもとに公正な評価を実施
バリュー評価 カルビーが大切にしたい価値観を行動として体現することで、社員に行動変容を促す
Calbee Award 年間の業績や会社の成長に貢献した社員を毎年1回表彰

全員が活躍するための環境づくり

ライフワークバランスからライフワークインテグレーションへ

生活(ライフ)の充実こそが、仕事(ワーク)に好影響を及ぼし、またそれが生活のさらなる充実につながるという考えのもと、「ライフワークバランス」という言葉を用い、従業員が個々のライフイベントに左右されずに、家庭と仕事を両立し、活躍できるように、さまざまな制度や支援の拡充に努めています。
これに加えて、ITインフラの刷新・活用を行うことで、さらなる業務の効率・パフォーマンスの向上に取り組んでいます。ライフの充実とワークの生産性の向上・成果の最大化が相乗的に作用・循環することによる働きがいの実現、「ライフワークインテグレーション」をめざします。

各種取り組み
残業時間削減・就業時間の適正化:残業時間の見える化
ライフの充実:長期有給休暇取得推進

多様な働き方・効率的な働き方を支える仕組み

カルビーでは、社員一人ひとりが、自ら選択し、そして効率的に働くことをめざして、1991年から各種制度の導入、取り組みを実施しています。より柔軟な働き方を推奨することで、企業を支える人財が能力をいかんなく発揮できる環境づくりを目指しています。

2020年3月期実績

年次有給休暇取得率
68.6%