食の安全・安心の確保

品質保証

安全で安心な商品を提供することは、カルビーグループにとって最も重要な社会的責任であると考えています。生産者や調達先と連携し、原材料の調達、商品企画から生産、物流、販売までのバリューチェーン全体で、品質保証のための体制強化を行っています。また、お客様の声に常に耳を傾け、お客様からのご指摘削減に向けて内容を分析し、バリューチェーン全体で改善を図っています。
品質保証部門は社長直下の部門とし、品質が第一であるという考えを経営トップから発信しています。従業員一人ひとりがお客様の立場に立ち、お客様の信頼と満足を得られる商品を提供することを目指し、社内での意識向上に向けた取組みを継続的に行っています。

品質マネジメント体制

カルビーでは、原材料の安全性や法令適合、パッケージ表示などを審査する「品質審査部」と、ルール通りに生産されているかチェック・改善支援を行う「品質監査部」から成る「品質保証本部」を中心に、食の安全・安心を守る体制を整えています。

品質保証の役割と機能分担
品質保証体制

A・A・O(エイ・エイ・オー)活動

カルビーは過去に商品への異物混入事故をおこし、大規模な商品回収をしています。この過ちを繰り返さないために、お客様に安全(A)で安心(A)できる商品をおいしく(O)召し上がっていただくため、毎年全社活動を実施しています。

安全(A)・安心(A)・おいしい(O)

お客様の声を聴く伊藤社長
お客様の声を聴く伊藤社長

タイでのA・A・O活動
タイでのA・A・O活動

安全・安心な商品提供のための仕組みづくり

生産工程における異物混入防止を徹底するため、国内の全生産拠点に生産ラインをモニタリングするカメラを導入しています。工程不良の範囲や作業効率の分析・改善、また、従業員の安全な職場づくりにも役立てています。さらに、包装工程において商品の中身と包装フィルムの不一致がおきないよう作業ミス防止照合システムを国内生産ラインに導入しています。

モニタリングカメラ

モニタリングカメラ

作業ミス防止照合システム

作業ミス防止照合システムで読み取るフィルムに記載されているコード

食物アレルギーなどへの対応

食物アレルギーのリスクを減らすことは食品企業が細心の注意を払って取り組むべき課題です。工場ではアレルゲンの混入がないよう清掃を徹底しています。また、「お客様に分かりやすい表示」としてアレルゲンが一目で分かる親切表示を採用し、原材料表示の下にパッケージの中で一番目立つデザインを施して表示しております。さらに、お客様の声を活かして、アレルゲンが含まれていない商品には「該当なし」と表記するよう順次対応を進めています。

分かりやすいアレルゲン表示にしています

アレルゲンが含まれていない表示も分かりやすく

海外グループ会社・海外サプライヤー支援

品質保証本部と海外事業本部が連携し、海外のグループ会社、提携先工場に対する品質管理体制を強化しています。
既存工場に対しては、「カルビーグループ食品衛生標準」に基づいた工場の食品衛生監査を実施し、日本の品質保証を横展開しています。
海外サプライヤーを新規採用する際は、新規審査を現地で実施し、品質要件を満たしていない場合は改善指導を行い、 改善できない場合は採用しません。また、使用している海外原料も優先順位をつけて定期監査を実施し、原料からの品質保証ができる体制をとっています。

Calbee Group (UK) Ltd Deeside工場(英国)
Calbee Group (UK) Ltd Deeside工場(英国)

Calbee North America, LLC Senatobia工場(米国)
Calbee North America, LLC Senatobia工場(米国)

海外工場での品質改善活動

Calbee Tanawat Co., Ltd.(タイ)
クアンユン工場長

Calbee Tanawat Co., Ltd.(タイ)では従業員の積極的な参加による5S活動や小集団による改善活動が浸透した結果、製品品質、生産効率が向上し、製造原価率の大幅な改善につながりました。これらの活動は評価基準のひとつになっており、従業員のモチベーションを高めることにも役立っています。